NOW ON AIR
ヒャダイン Up Your Life (18:00-19:00)
NOW PLAYING00:00

声優・岩崎諒太、地元大阪で“乳首ドリル”完コピ絶叫「毛細血管が詰まってるとこ、脇~~!」

 人気声優と吉本新喜劇のコラボレーション作品『朗読劇「ボイコメ」~声優×吉本新喜劇』が、2月10日・11日に大阪のCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演。大阪出身で『ヒプノシスマイク』白膠木簓役などの岩崎諒太は、すっちーとギャグ“乳首ドリル”をガチ披露した。

【写真多数】『【推しの子】』伊駒ゆりえは異例の「乳首ドリル」朗読劇Ver.を披露

 新喜劇の座長を昨年3月まで務めたほか、これまで多彩な舞台作品を生み出してきた川畑泰史が朗読劇の脚本に初挑戦し、関西発のエンターテインメント演劇集団「片岡自動車工業」の片岡百萬両氏が演出を担当。新喜劇メンバーに加え、10日は岩崎と伊駒ゆりえ、11日は鳥海浩輔と本渡楓を招いた。

 大阪城近くを舞台に、川畑が営むたこ焼き屋台に伊駒ふんする女性がアルバイトで雇ってほしいと訪れるところから、物語は幕開け。岩崎はシンガー・ソングライターを夢見る男性を関西弁でボケ・ツッコミを繰り出し、歌声、さらにモノマネでも魅了した。

 すち子(すっちー)との“乳首ドリル”では、ドリル棒を吉田裕さながら全力で受けとめ、「毛細血管が詰まってるとこ、脇~~!」と絶叫。ゲストとのコラボでは短めにまとめることも多いが、完コピとなり、「すな、すな、すな…」までノーミス。しかし、ラストの「つま先やめろ、アゴやめろ…」のくだりで痛恨の言い間違い。それでも立て直し、「ドリルせんのか~~い!」と渾身のボケとなった。

 すっちーが「ちっちゃいミスはあったけども、合格です」と認める大熱演。出番を終え、岩崎は「小さい頃から見て育ってきた新喜劇に出られるなんて想像もしていなかった」と感無量。「この上ないほど光栄。何ものにも代えがたい経験をさせていただいた」と笑顔で語っていた。

 声優ファンも多数駆けつけるなか、約50分の朗読劇は笑いの連続となり、川畑や片岡氏はシリーズ化にも意欲を示していた。