NOW ON AIR
キラスタ (18:00-20:00)
NOW PLAYING00:00

JO1川西拓実×桜田ひより、映画『バジーノイズ』5・3公開決定 櫻井海音、佐津川愛美らの出演も発表

 グローバルボーイズグループ・JO1の川西拓実と俳優の桜田ひよりが主演する映画『バジーノイズ』の公開日が5月3日に決定した。あわせて、円井わん、奥野瑛太、櫻井海音、佐津川愛美らの出演が明らかになった。

【動画】<Type:清澄>、<Type:潮>2種の特報映像

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載開始直後から、その登場人物たちの心理描写のリアルさ、DTM(デスクトップミュージック)を題材に誌面を飛び越えてくるかのような独特な音楽表現とタイムリーなテーマ性でSNSを中心に熱い支持と共感を集めた同名漫画を、ドラマ『silent』の監督、風間太樹(かざま・ひろき)が実写映画化。

 映画初主演となる川西は、人とかかわる事を必要とせず、たったひとつの“すきなもの”である音楽をPCで作り、ひとり奏でるだけのシンプルな生活を送っている清澄。自分の気持ちに素直に生き、清澄の閉じた世界に強烈なノイズが流れ込むきっかけとなる潮を桜田が演じる。

 また、これまでに、レコード会社に勤める潮の幼なじみ・航太郎役で井之脇海、清澄と音楽を始めることになるベーシスト・陸役で柳俊太郎(※柳=旧字体)の出演が発表されていた。

 新たに発表された円井は、ソロで活躍しながら清澄と陸のバンドにドラマーとして参加する岬役で出演。ドラムの経験が少しあった円井は、撮影数ヶ月前からドラムレッスンを積んで撮影に挑み、バンド「AZUR」の参加メンバーとしての本格派アーティスト役を演じた。

 陸が所属する人気バンド“マザーズデイ”のボーカルで、陸との音楽の確執が生まれていく洋介役を奥野。彼もボーカリストの役のためボイスレッスンなどを積んで撮影に臨んだ。

 マザーズデイの後輩バンドで陸たちに憧れる慶二役に櫻井。潮があるきっかけで身を寄せるスナックのママ役に馬場園梓。陸の支えとなる女性・千尋役に天野はな。航太郎の勤めるレコード会社から売り出される新進気鋭の若手アーティスト役に駒井蓮。潮の勤めるカレー屋の店長で潮の心の支えになる存在・亜弓役に佐津川。航太郎の勤めるレコード会社の上司で、時にシビアな音楽プロデューサーの沖役でテイ龍進が出演する。

 なお、今週16日より全国の劇場で本作のムビチケが発売開始となる。ムビチケ購入特典として、「ノイズデザインド ステッカーシート」をプレゼント。音楽アーティストの特製グッズのようなデザインで、『バジーノイズ』の世界観を表現している。