NOW ON AIR
THE SEITARO★RADIO SHOW「1700」 (17:00-17:50)
NOW PLAYING00:00

太田光代氏、夫・太田光は「最近、元気がない」 書に“迷い”も「迷わないと次にいけない」

 爆笑問題らが所属する芸能事務所・タイタンが運営する『タイタンの学校』が、東京・スタジオスペース新宿御苑で『第4回タイタンの学校書道展』をきょう13日まで開催した。この日、同所で行われたレセプションに、同社の社長で学校の理事長を務める太田光代氏が出席し、夫・太田光について語った。

【動画】太田光代、夫・太田光との近況を明かす「最近は元気がない…」

 同展は、理事長である光代氏起案のもと、書道師範である市川翠峰(すいほう)氏を講師に迎え、タイタンの学校6期生による制作作品を展示・公開。ゲスト作品として爆笑問題(光、田中裕二)、光代氏、ウエストランド(井口浩之、河本太)、春とヒコーキ(土岡哲朗、ぐんぴぃ)の書き下ろしの書を展覧した。

 光がしたためた「迷走」という書について市川氏は「2文字はバランスがとりづらいのですが、真ん中に書いてグループ名(爆笑問題)と名前を下にどっしりと。縦画が芯を通っているのでバランスが良い」と評した。

 一方、光代氏は「最近、何か迷っていると思う。人間迷わないと次のステップに行けないと思うんです。今の状況が急にいろいろ変わっていく時代なんだと思うので、そういうところでも自分の悩みが出るのかな」と心配げ。「今年で(結婚して)34年です。最初は相当話もしていました。だんだん早く寝るようになっちゃった。中々コミュニケーションがとりにくくなっていて、私はさびしいです」とカメラ外での光について明かしつつ、「筋は通ってどっしりしていると、先生がほめてくださるなら大丈夫かなと思います」と語った。

 ゲスト作品を含めたすべての作品は、イベント会期中にチャリティーオークションでの販売を実施。その売り上げの一部(表装代等作品製作費を差し引いた金額)を令和6年能登半島地震災害義援金として日本赤十字社を通じて被災地に寄付する。