NOW ON AIR
Smile SUMMIT (9:00-12:30)
NOW PLAYING00:00

「半身不随の子猫が立った!」会社をあげて行き倒れた猫を救出、妹猫守る兄猫の奇跡の回復

 三重県鈴鹿市にあるTMK建設は、2022年8月から猫を飼い始め、現在5匹の猫の様子をSNSで発信している。なかでも、昨年11月に保護したのりしお(兄)とうすしお(妹)が、今話題となっている。資材置き場に横たわり、動物病院でも「今日、明日でだめかもしれない」と言われたのりしおが起こした、奇跡の物語とは? 同社でSNSを担当している近藤さんに話を聞いた。

【ビフォーアフター】痛々しい姿から劇的回復で「かわいすぎる」…すっかり美子猫になったのりしお・うすしお兄妹

■資材置き場に倒れていた子猫「見た瞬間『あ、ダメかもしれない』と思った」

――のりしお、うすしおのお話の前に、御社では2022年から会社で猫を飼い始めたと伺いました。どのようなきっかけだったのですか?

【近藤】「企業ペット」という言葉を耳にし、その効果を調べてみると、社員同士のコミュニケーションの増加や笑顔が増えるなど、社員の活性化につながるとありました。弊社は10代~60代と幅広い年齢の職人が在籍しているので、みんなのコミュニケーションの一環となればという思いで飼うこととなりました。

――社内で反対の意見はなかったんですか?

【近藤】はい。もちろん、社員全員と話し合い満場一致で「飼ってみよう」となり現在に至ります。そこで迎え入れたのが、かつお(社長命名)とたまこ(従業員命名)です。

――猫を受け入れる体制が整っていたんですね。では、のりしお、うすしお兄妹のお話に入りたいと思います。SNSでは資材置き場にのりしおが横たわり、うすしおが寄り添っていたとありましたが、もう少し詳細なお話を聞かせてください。

【近藤】昨年11月19日、日曜日の午前中に社長の兄から私宛に電話がかかってきました。「資材置き場で子猫が倒れている」と。状況を聞くと、「震えていて動かない」とのことだったので、「すぐ行くからとりあえず事務所の中にいれて温めておいて」と言い、すぐに事務所へ向かいました。

――駆けつけてからは、どのような対応を取られたんですか?

【近藤】昼前に会社に到着し、見るとガタガタ震えて目もうつろな子猫。見た瞬間「あ、ダメかもしれない」と思いました。日曜日に診察可能な病院を片っ端から探し、ようやく見つかったのが16時診療開始のところ。「あと数時間で死んでしまうかもしれない」と思い、タオルで包んでストーブで温めてと、とにかく必死でした。

■最期を看取る覚悟で会社に「必死で生きようとする姿に感動」…そして起こった奇跡

――SNSでは、幼い兄妹猫が外敵に襲われ、必死に妹(うすしお)を守った結果、兄(のりしお)が瀕死の重傷を負ってしまったと推察されていました。病院ではどういう診断だったのですか?

【近藤】「入院することもできるが、今日明日で息を引き取る可能性が高い」と言われました。「それなら最期は兄妹一緒の方が良い」と考え、会社へ連れて帰って看取ろうと決心しました。この時点では会社で育てる、というよりも「せめて人生の最期は、暖かい場所で…」という思いでした。

――出会ったばかりの猫を看取ろうという決意をされたわけですが、会社に連れ帰ったあとはどんな様子でしたか?

【近藤】会社に連れ帰って2、3日は、本当に虫の息で今にも死んでしまいそうでした。ですが、少しずつ少しずつ体を起こそうとしたり、少量ですがちゅ~るを口にしたりと、必死で生きようとするのりしおの姿に、従業員全員が心を打たれました。のりしおの「生きたい」という思いがひしひしと伝わってきました。

――後ろ足は両足とも動かすことができず、右の前足も動かせない半身不随のような状態。でも、のりしおの「生きたい」という想いと、会社のみなさんの献身的な看病が徐々に身を結んでいきます。

【近藤】とにかく毎日毎日、声掛けをしました。人間の言葉は分からなくても思いは伝わるはず。いつもの事務所は、みんながワイワイガヤガヤしていますが、のりしお、うすしおに「ココは安心できる場所」という認識を持ってもうために、声のトーンを落として会話したりして猫ファーストの日々でした(笑)。
 またリハビリに関しては、毎日みんなで足をさすって、マッサージやストレッチをしたり、気分転換にタオルに包んで抱っこして外の空気を吸わせてみたり。自己流でしたが、それぞれが、のりしおのために試行錯誤しながら見守りました。

――その甲斐もあって、徐々に大きな声で鳴いてごはんを催促したり、体を起こすことができるようになり、やがてほふく前進のように這うことができるように。さらに1ヵ月が経とうとするころには、よちよち歩きができるようになりました。半身不随の瀕死の重傷からまさに奇跡の回復劇でした。

【近藤】今もまだ、右手の麻痺、震えがあり、まばたきすると片目の閉じ方に違和感がある状態ですが、瀕死の状態で保護した当時のことを思うと、本当に奇跡的な回復をみせており、従業員一同感動しております。小さな命を救えたこと、心よりうれしく思います。

■円滑なコミュニケーションの潤滑油に「“会社猫”は絶対におすすめ」

――のりしおが立った瞬間のみなさんの驚いた様子がSNSにも投稿されています。こののりしお、うすしお兄妹も含め、“企業ペット”の効果は実感されていますか?

【近藤】はい。特に“現場男子”たちはメロメロです(笑)。社内の会話は、猫中心かもしれませんし、現場から事務所へ帰ってくると、みんな必ず猫たちに「ただいま」と言い、触れ合います。
 企業ペットのメリットは、会話が増える、従業員同士のコミュニケーションが増えることだと思います。逆にデメリットは、ごはん代や抜け毛やお世話…ですが、それはかわいさで消されます(笑)。会社猫、おすすめします!

――もともとSNSを運用されていましたが、2022年8月以降は猫の様子を発信する機会が増えました。クライアントやフォロワーの反応に変化はありますか?

【近藤】猫たちの日常を公開するようになってから、着々とフォロワー数が増えていきました。あちこちで声を掛けていただいたり、全国のフォロワーさんから差し入れを送っていただいたり、フォロワーさんと実際にお会いしたりなど、人と人とのつながりを実感しています。また、取引先からも「インスタ見てます」とよくお声掛けいただきます。

――社内外で円滑なコミュニケーションの潤滑油になっているのですね。今後、この猫たちにはどう育ってほしいですか?

【近藤】「ここで暮らせて良かった」と思ってくれるといいなと思っています。今現在、猫が喜びそうな新しい事務所を作っているところです。先住の4匹(かつお、たまこ、のりしお、うすしお)に加えて、つい先日、ずっと事務所に来ていたぽちという通い猫を保護しました。これまで何度も保護しようと試みたのですがなかなか捕まえることが出来ず、自由が好きなため、中と外(猫ハウスあり)の両方を行き来できるスタイルを取っていました。ただとても寒い日が続いたので、これを機に保護に踏み切りました。まだ、とても警戒していてシャーシャー怒っています。少しずつ、距離を縮めていって心を開いて欲しいですね。

――最後に余談ですが今いる5匹は、従業員のどなたに懐いていますか?“猫人気”No.1は?

【近藤】人気は“なおゆき君”ですね。のりしおとうすしおが懐いています。そんな“なおゆき君”は、たまこを溺愛していて、スマホの待ち受けにもするほど。ただ、たまことかつおは、全員にまんべんなく懐いています。ぽちは呼ぶと返事をしてくれますが、近付くと逃げるので、もう少し時間が必要です。