NOW ON AIR
Good Luck!Morning! (6:00-9:00)
NOW PLAYING00:00

井上真央主演、映画『わたしのお母さん』今秋公開決定 共演は石田えり

 俳優の井上真央主演、杉田真一監督(『人の望みの喜びよ』)の最新作となる『わたしのお母さん』(製作時タイトル『閉じ込めた吐息』より改題)が、今秋に劇場公開されることが決定、ティザービジュアルと特報が解禁となった。

【動画】映画『わたしのお母さん』特報

 本作は、互いの気持ちのすれ違いに葛藤する娘と母の心情を描く物語。母との関係が苦しい主人公・夕子を井上、悪気なく娘を傷つけてしまう母・寛子を石田えりが演じる。

 井上は「少し長い道のりとなりましたが、タイトルが変わり、今日までゆっくりとあたためられてきたことを実感しています。皆さんに見ていただくことでこの作品がどのように育っていくのか、楽しみです。母と子の積み重ねてきた想い、静かに流れる時間を感じてもらえたらと思います」とコメントを寄せている。

 ほか、夕子の妹・晶子を阿部純子、弟の勝を笠松将が演じ、夕子の夫役で橋本一郎、勝の妻役でぎぃ子、夕子のパート先のスーパーの店長役で宇野祥平が出演する。

 前作『人の望みの喜びよ』で「第64回ベルリン国際映画祭」ジェネレーション部門”スペシャルメンション”で注目された杉田監督は、本作について「脚本を書きながら思い描いた世界。井上真央さん、石田えりさんが演じられることで、その思い描いていた世界が徐々に崩れはじめた時の快感。そして撮影を進めながら、少しずつ丁寧に、新たな世界をともに積み上げていくことの喜び。カットの声を発するのがもったいないくらい、とてもとても幸せな化学反応を幾度も目の当たりにした夢のような日々でした」と、手応えを語っている。

 30秒の特報は、母の寛子を迎えに駅へと向かった夕子が、その姿を見つけたとたんに、思わず目をそらすシーンから始まる。無邪気に再会を喜ぶ母と、笑顔を見せつつも複雑な様子の娘との対照的な出会いが、この先に待ち受ける波乱を予感させる。

 ティザービジュアルのデザインは、「よるくま」「金曜日の砂糖ちゃん」などで知られる人気絵本作家・酒井駒子氏と、映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の宣伝デザインや詩人・最果タヒ氏の書籍等をはじめとするブックデザイン、展覧会ディレクション等を手がけるグラフィックデザイナー・佐々木俊氏がタッグを組んで制作。一目見ただけで心をギュッと掴まれる、繊細かつ大胆なデザインが、本作の奥深い魅力を存分に表している。

 同映画は今秋、ユーロスペースほか全国順次公開。

■石田えり(夕子の母・寛子役)のコメント

 生きていく、ということは、つまるところコミュニケーションだと思っている。自分の思っていること、考えていることを、どうしたら伝えられるのか。逆に、相手の言うことを先入観なしに受け止めて、理解できているのか。本当のことを言うのは勇気がいるし、時には嫌われるし、面倒くさい。人は良いところばかりではないのだから、片目をつぶってつき合う方がうまくいくという考え方もある。

 でも、本当に大切だと思うなら、命がけで伝えることも必要だと思う。いくら心をくだいても誤解されて、悪意の倍返しにあうこともある。そして、自分の伝え方が悪くて傷つけてしまったのかと悩んだりもする。

 それでも、まずは、自分自身に対して、百パーセント正直であるのか、そこからはじめる。だから、たとえ悲しくても先へ進める。そして時には、全開の会話で、笑って元気になれる。