香取慎吾主演、映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』井之脇海・的場浩司・眞島秀和ら出演

 俳優・歌手の香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務める映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の公開日が、9月23日に決定した。ヒロインとして岸井ゆきのが共演。市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手がける“コメディだけど、怖い”唯一無二な本作に彩りを与えるキャストも追加発表された。

【写真】香取慎吾&岸井ゆきの、夫婦2ショット

 結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取)と日和(ひより/岸井)。表向きは仲良し夫婦の2人の間に生まれた綻びが、過激なSNS「旦那デスノート」の存在によって引くに引けない夫婦ゲンカに発展! 次第に険悪になっていく2人の関係をペットのフクロウ“チャーリー”が無表情で見つめ続ける。

 今回、明らかになったのは、香取演じる裕次郎の職場の後輩であり、やがて結婚の恐ろしさを知ることになる若槻広人役の井之脇海。同じく裕次郎の職場であるホームセンターの店長で、ノリはいいけど空気は読めない浦島店長役に的場浩司。

 岸井演じる日和の職場の、男として過剰な自信を持つセクハラ上司・葛城周作役を眞島秀和が務める。裕次郎たちが勤めるホームセンターに訪れる“本人役”できたろうが登場。悪気なく日和を追い詰めてしまう姑、裕次郎の母・田村千鶴役は浅田美代子。裕次郎の職場の同僚であり、実は日和との共通点を持ち、2人のけんかのキーパーソンとなっていく蓑山さんを、余貴美子が雰囲気たっぷりに演じる。

 そのほか、中田青渚、小篠恵奈、松岡依都美、田村健太郎、森下能幸、徳永えり、峯村リエ、菊地亜美、有田あん、瑛蓮らが随所に登場。

 コミカルな悪口が並ぶ「旦那デスノート」の可笑(おか)しさと、市井監督が描きたかった“情けない、だらしない、ダメな香取慎吾”に、自分自身を顧みながら笑わずにはいられない。そして、大切な関係を取り戻そうともがく2人の姿に大いに共感することも間違いなし。ただのコメディに留まらない作品として完成させた。

■井之脇 海(若槻広人役)のコメント

 市井監督から「コメディとして誇張した芝居ではなく、若槻として等身大で生きてほしい」と演出を受けたので、僕は若槻として映画の中に存在することだけに集中しましたが不思議なことに、誰も笑かそうとしていないのに、思わず笑ってしまうシーンがたくさん出てきて、これは市井マジックだなと感じました。真剣に生きるがゆえの人間の滑稽さに、思わず笑ってしまう作品になっていると思います。

■的場浩司(浦島店長役)のコメント

 初めて市井組の作品に参加させていただきました。現場での市井監督の1カットへの情熱。素晴らしかった。作品への愛が伝わってきました。そして、主演の香取君や他の若いキャスト達の芝居好きオーラ。一緒に芝居をしていて気持ちよかった。私の役は香取君の上司でクセのあるホームセンターの店長。出番はあまり多くはありませんが、自分の役者人生に刻まれる作品に出会えました。市井監督と再び現場で会えるのを楽しみにしています。

■眞島秀和(葛城周作役)のコメント

 久しぶりに市井組に参加することができました。現場の雰囲気は変わらず穏やかで居心地の良いものでしたが、市井さんらしいエッジの効いた演出もあり刺激的な撮影になりました。本作の公開、楽しみにしてます!

■きたろう(きたろう役)のコメント

 きたろうが、きたろうを演じるって、市井監督のきたろうに対するイメージはどう写っているだろうか興味深かった。衣装合わせの時、驚いた。きたろうは、環境問題に関心ある人物だという。きたろうの役作りをしているのだ。あらあら、普段のきたろうさんじゃない。ほんの一瞬のシーンだが、監督の非凡さと愛を感じた。他人にどう思われても気にしないきたろうさんです。

▼浅田美代子(田村千鶴役)のコメント

 笑ったり、しっとりしたり、そしてほんわか、ジーンと...不器用な裕次郎を演じた香取さんは、素敵でした。それぞれの個性あふれる役者達が楽しそうに演じられたのも香取さんのお人柄ですね。是非、観てほしい作品です。

■余貴美子(蓑山さん役)のコメント

 市井監督が「んむっ」と思考して頭を掻きむしって、髪がボサボサになっているのをみると愛くるしくて! 頑張ろうという気になる。夫婦や仲間たちとの関係や思いは、物凄くささやかな事でみっともないけど、やはり愛は力になるなぁ!と思える物語。スタッフキャストの皆さんと、ホントに出会えて良かったと自分と重ねる事ができた現場でした。公開が楽しみ。