NOW ON AIR
Good Luck!Morning! (6:00-9:00)
NOW PLAYING00:00

梶裕貴、宮野真守と相思相愛ぶり見せつける「大好きです」

 声優の梶裕貴が13日、都内で行われた映画『バブル』初日舞台あいさつに登壇した。今作でモチーフとしている“人魚姫”にちなみ、なってみたいものを聞かれた梶は「宮野真守」と欠席した宮野の名前を挙げてにっこり。同席した広瀬アリスの挙げた「イケメン」と、志尊淳の挙げた「実力派声優」の要素を兼ねそろえているとして「お芝居して歌って踊れて。どうやったらなれるのか。なれないからこそなってみたい。大好きです」とラブコールを送った。

【動画】「可愛い可愛い梶きゅん」宮野真守からのサプライズメッセージに照れる梶裕貴

 今作は、躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIO、『君の名は。』『天気の子』の川村元気プロデューサーがタッグを組んで作り上げたオリジナル作品。

 司会いわく実は同じ質問を宮野にも投げかけたそうで「梶裕貴になりたいです。かわいいかわいい梶きゅんになりたい」との回答が…。これを受け梶は「テンションが異常ですけど、このコメントをくれた日はアメを多くくれる日の宮野真守。日によってはムチが多め。でも甘やかされてここまできましたので、いつか宮野真守になれるように頑張りたいです」と憧れを語った。

 ちなみに“ムチ”多めの日は「すごく辛らつ目で僕をにらみつけて、なにを言ってもすべらせてくる日があります。きょういなくてよかったとすら…」と苦笑しつつ「でも大好きです」と相思相愛ぶりをみせつけていた。このほか畠中祐、千本木彩花、逢坂良太、荒木哲郎監督が参加した。