NOW ON AIR
Good Luck!Morning! (6:00-9:00)
NOW PLAYING00:00

松坂桃李、激ヤセ報道に苦笑い 役作りも情報解禁前で理由言えず「そのうちわかるだろうな!」と楽観

 俳優の広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、内田也哉子、増田光桜、李相日監督が13日、都内で行われた映画『流浪の月』初日舞台あいさつに登場した。役作りで身体を絞った松坂に司会者が「この撮影のために、かなり体重を落とされたそうで。『なんで、こんなに痩せているんだ!』とニュースにもなって」と質問すると、松坂は「ははは、ありましたね」と笑いながら振り返った。

【動画】サプライズ登場した子役にデレデレの松坂桃李

 報道が出た際は、映画の情報解禁前ということもあって、周囲に理由を説明できなかったこともあり「情報解禁前であったので、言うに言えないというか…。『激ヤセで、何かあったのか!?』と言われてましたけど」と複雑な心境があったとし、苦笑いしつつも「『ま、そのうち(痩せている理由が)わかるだろうな!』くらいな感覚で、日々いました」と楽観的に過ごしたと打ち明けた。

 そんな松坂と共演するシーンがあった多部は、当時の姿について「体重を減らして撮影に臨んでいたので、ウエストがゾッとするくらい…」と伝え、会場を驚かせた。

 同作は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる同名小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印を背負ったまま、誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えて生きてきた2人…15年後に再会した2人が選んだ道が描かれる。