NOW ON AIR
Hit Hit Hit !! (24:00-29:00)
NOW PLAYING00:00

内村航平、体操競技で「極めるという次元の上にいきたい」 引退会見で語った“感謝と熱意”

 体操男子で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪で個人総合2連覇した内村航平(ジョイカルジャパン=33)が14日、都内ホテルで引退会見を行い、スーツ姿で「引退会見ということで特別な感情はなくて、ただただ引退するんだなという感じで、今のところ実感はないです」と、現在の心境を明かした。

【動画】内村航平、引退会見で晴れやかな表情 “第2の人生”にも自信

 続けて「30年の(選手生活)うち16年間、ナショナル強化選手として活動しました。人生の半分以上を日の丸を背負ってやってこれたことは誇りでありますし、自分が何をやっていくにしても自信を持っていろんなことを発信していけると思っています」と語り、第2の人生にも自信をのぞかせていた。

 体操競技への思いを問われると「『ありがとう』とか、そんな軽い言葉じゃ感謝を伝えられない。3歳からやってきて体操しか知らない。体操で内村航平というものが作られて、競技も結果として残せたし、感謝している気持ちを返していく思いが強い」。今後は指導者など、さまざまな活躍に期待が集まっており「体操ということに対して、世界で一番知っている状態にしたい。ずっと勉強し続けたい。極めるとかいう次元の上にいきたい」と言葉に力を込めた。

 内村は、1989年1月3日、長崎県諫早市出身。オリンピック4大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、2020年東京)に出場し、個人総合2連覇を含む7 つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。

 また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成した。