NOW ON AIR
N-FIELD (18:00-21:00)
NOW PLAYING00:00

MLB解説者、大谷翔平のMVPを“断言”「ベーブ・ルースに匹敵するリーグ最高の選手」

 米大リーグの日本公式ツイッターアカウント『MLB Japan』が13日までに更新され、解説者のブライアン・ケニーが今季のMVPを獲得するのはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手だと断言した。

【動画あり】「ベーブ・ルースに匹敵」MLB解説者が大谷翔平のMVPを“断言”

 ツイッターでは「#大谷翔平 は“野球の神様”ベーブ・ルースですら長く続けられなかった二刀流を…ハイレベルな現代野球で躍動するように行う怪物!! 歴史と最新の指標をもとに、解説者が『MVPを獲得するのは大谷だ』と断言しました」と紹介した。

 併せて投稿された4分42秒におよぶ動画では、ブライアンが“野球の神様”ベーブ・ルースの成績を引き合いに、大谷選手が現代野球で見事に二刀流を体現していると説明。『大谷翔平はMVPを獲得できるのか?』という疑問について、ブルージェイズのゲレーロJr.選手の方が打者成績で上回ったとしつつも、「イエス! 大谷翔平はMVPを獲得する!」と断言した。

 理由として、ブライアンはプレーによって得点期待値をどれだけ変化させたかを見る指標『RE24』と、勝利確率をどれだけ変化させたかを見る指標『WPA』を用いて大谷選手とゲレーロJr.選手を比較。投手の成績を加えると、大谷選手が圧勝し、「1919年のベーブ・ルースに匹敵するリーグ最高の選手、MVPであると言うことができます」と太鼓判を押した。