NOW ON AIR
Age Free Music! (24:00-25:00)
NOW PLAYING00:00

インコがぎゅうぎゅう、水浴びで譲り合う動画に「心が洗われる…」 仲良し家族の裏に飼い主の思い

 「朝、みんなで水浴びしたよ」という一文とともに投稿された、コザクラインコの水浴び動画がInstagramで12.3万回再生と反響を呼んでいる。動画には、台所のシンクにセットされたお皿の上で水浴びするカラフルな4羽のコザクラインコの姿。次々と集まり、最終的には6羽が蛇口から流れる水を譲り合いながら一緒に水浴びする様子に「癒される」「見ている方も心が洗われる」と多くのコメントも寄せられた。現在7羽のインコと暮らす飼い主のぷちまーめさん(@puchimame1613)さんに、インコの普段の姿や飼育する上で気をつけていることについて話を聞いた。

【動画】譲り合いの精神に「心が洗われる…」、仲良しインコ一家の水浴び風景

■普段から群れて遊ぶ仲良しインコ一家、水浴び大好きで家事中に催促されることも

――インコたちがお互いに譲り合いながら水浴びする様子に「癒される」という声も多く寄せられました。

【ぷちまーめさん】本当にたくさんの方に見ていただけて嬉しいです。海外の反響も多く、自分でもビックリしています。日本の普通の家庭内のインコちゃんたちを、遠い国の人が見てくれたと思うと感慨深いです。

――インコたちみんな、水浴びが大好きなんだなと動画から感じます。

【ぷちまーめさん】水浴びはみんな大好きですが、いつ始まるのか予想がつきません。セッティングしていても全然寄って来ない時もあるし、水だけ飲んで終わりの時もありますね。蛇口から出る水の音にとても反応するので、水道水を出していると肩や頭に乗ってた子がトコトコと腕までおりてきて、蛇口から出る水に背伸びして近寄ってくることも。一旦家事を中断して水浴びの準備をすることもあります。喧華は、水浴びやオモチャをめぐって「私が先!」という感じで、クチバシで2、3回突き合って終わる程度です。

――とても仲良さそうに水浴びしていますが、インコたちのそれぞれ関係性は?

【ぷちまーめさん】パパ鳥&ママ鳥と4羽の子どもたちです。放鳥中はパパ&ママチーム、長男&長女チーム、次女&次男チームで過ごすことが多いです。しかしここ1年で変化があり、全員なんとなく群れて1つの遊びをすることが多くなってきました。基本はそれぞれのチームだけど、みんなで遊ぶみたいな感じです。そんな雰囲気の中、私の夫が10ヵ月前ペットショップから新しい子を我が家に連れて来て、現在では7羽と暮らしています。

――それぞれ性格も違うのでしょうか。

【ぷちまーめさん】ウチの場合、全員性格はバラバラですね。1羽1羽それぞれ可愛いので7羽いれば可愛さ7倍です!

――複数羽が同時に暮らす中で大変なこと、気をつけていることはありますか?

【ぷちまーめさん】大変なことは床掃除ですね。鳥ちゃんのかじり木の破片や、小さい羽根、鳥ちゃん自身の落とし物など。あっという間にたくさん落ちています。木の破片は、ほうきとちりとりで、鳥の落とし物は濡らしてヘラでとって、それから掃除機をかけて、水拭きモップです。

――確かに、7羽いると掃除も大変そうです。

【ぷちまーめさん】でも放鳥した時の鳥たちの嬉しそうな表情を見ると、しょうがないと思っています。鳥ちゃんにとって大事なことは食事と運動だと思っているので、放鳥時はたくさん飛んで欲しいです。リビングとキッチンをひと続きにして解放し、自由に飛んでもらっています。我が家は日中、仕事で留守にしているので、カジカジする木も用意して思いっきりケージ(鳥かご)の中でのストレスを発散してもらっています。放鳥は毎朝1時間、夜も1時間くらい。あとは、それぞれ発情期があるので放鳥のタイミングをずらしたりすることもあります。

――Instagramでは、インコたちがヒナだった頃の動画も投稿されています。

【ぷちまーめさん】ヒナが我が家で誕生したときはインコに関する知識や経験も少ない頃だったので、自分たちで調べて不安も多かったです。昼休みに夫婦交代で自宅に帰って様子を見たりする時期もありました。ヒナちゃんでもナデナデすると気持ちいい〜って顔をしてくれるので、こんなに小さくても表情がわかるんだな〜って思いました。

――これから、インコたちとどのような関係性を築いていきたいですか?

【ぷちまーめさん】最初の1羽目をお迎えして、今年11月で丸4年になります。鳥ちゃんたちはみんな元気なので、今の関係がベストだなって思っています。とにかく鳥ちゃんたちが元気で長生きしてくれればと願っています。居住地が寒冷地で日中留守にするので、冬の温度管理などの不安がありました。でも今まで誰も病気することなく、みんな元気でここまでこれたので、今までの方針で行こうと考えています。