NOW ON AIR
Voice Actors RADIO R-5・81 (21:30-22:00)
NOW PLAYING00:00

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ジェノスタジオ、“うさぎキャラ”に込めた深い思い

 日本を代表する7つのアニメスタジオが、「スター・ウォーズ」への愛と強い思いを持って制作したシリーズ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が9月22日午後4時より、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)で独占配信開始となる。全9作品のうち、「ジェノスタジオ」制作の“種族を超えて紡がれる家族の絆”を描く『のらうさロップと緋桜お蝶』のあらすじと場面写真が解禁となった。大きな瞳でかわいらしい姿のロップの声優を務めた小林星蘭のコメントも紹介する。

【動画】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』予告編

■『のらうさロップと緋桜お蝶』あらすじ

 銀河帝国の強制労働者として捕らえられていた孤児のロップは、ある日辺境の惑星タオに生きる一家の長・弥三郎と、その娘・お蝶と出会う。3人は種族を超えて「家族」となるため日々を穏やかに過ごしてきた。しかし、帝国に対する考え方の違いから、弥三郎とお蝶は徐々にすれ違い、ついに弥三郎が独断で帝国基地への爆破テロを強行する事態となってしまう。ロップが二人の仲を取り持とうとする中、帝国将校が目の前に立ちはだかってきて…!?

■主人公は「思わず抱きしめたくなるようなキャラクターに」

 本作の五十嵐祐貴監督は、テレビアニメ『呪術廻戦』のエンディングの作画やテレビアニメ『映像研には手を出すな!』の絵コンテなどを手掛けたアニメーター。五十嵐監督は物語の着想について「『スター・ウォーズ』はライトセーバーやジェダイの物語である、そしてそれは黒澤映画や時代劇から強く影響を受けているというのは当然のこととして、そのジェダイの物語の拡張性や多様性といったものが、最も『スター・ウォーズ』らしさであると思います。本来ジェダイの物語はスカイウォーカー家やパルパティーン家の血縁の物語にとどまりません。そういった『スター・ウォーズ』の拡張可能性を表現するために、主人公は非血縁であり、その絆をめぐってライトセーバーが継承される話にしようと思いました」と振り返る。

 そして主人公がウサギのような姿の種族であるロップというキャラクターにした理由について「非血縁の主人公は、日本文化の中にある“キャラ”というものでなければいけないと思いました。“キャラ”というのはリアルな人間ではなく、日本の美少女キャラクターに代表されるような、ビジュアルもパーソナリティも極端にデフォルメされた存在です。これは日本のアニメ・マンガ文化の原点にその表現の歴史があって、手塚治虫さんの『地底国の怪人』の耳男がそのスタート。耳男というのはウサギ人間の“キャラ”であるので、今回も文字通りウサギ型人間種族の女性主人公でいこうと考えていったわけです。思わず抱きしめたくなるようなキャラクターにしようと開発していきました」と語っている。

 そして最後に本作を楽しみにしているファンに向けて「本作は短い作品ではありますが、『スター・ウォーズ』の世界の可能性を少しでも押し広げられるように、さまざまなことを考えながらスタッフ一同頑張って作ってきました。ロップやお蝶といった新しいキャラクターたちが、『スター・ウォーズ』を楽しみに待っていた、あるいは『スター・ウォーズ』に今まで触れてこなかった、皆様の心の中に残ってくれたら幸いと思います」と熱い思いを明かしている。

■ロップ役・小林星蘭「世界中の方に自分の声で見てもらえることにワクワク」

 主人公で大きな瞳が可愛らしいウサギのロップを演じた小林星蘭は「スター・ウォーズ」について、「アクションや規模がかっこよくて、非現実が現実のように見える、誰もが1度は憧れる作品!というイメージでした」と語り、「まさかあの『スター・ウォーズ』に!?という衝撃が大きかったし、まだまだ声優として駆け出しの私を選んでいただけたことが本当にうれしかったです。日本の方だけではなく世界中の方に自分の声で見てもらうことができるので、見た方がどのように感じ取るのかなとワクワクしています」と、声優を務めることへの喜びを語っている。

 本作で小林が演じるのは、帝国に捕らえられていた孤児のロップというキャラクター。小林はロップについて「最初は少し臆病な部分もありますが、相手の気持ちにすごく寄り添ってくれたり本人なりの希望を持っていったりと、とても魅力的なかわいい子です! 物語が進むにつれてその性格や信念がより理解できるかと思います」と明かしている。

 さらに、「ロップとお蝶と弥三郎が出会い、種族が違う中で生まれる絆って一体なんなんだろう、『家族ってなんだろう?』と考えながら見ると、よりこの世界観を体感できるかなと思います。アクションシーンは何度も頑張ったので楽しんでいただけたらうれしいです!」と、見どころをアピールした。