映画『リスタート』圧巻のライブシーン“表”と“裏”の写真解禁

 お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが6年ぶりに手掛けた長編監督作品『リスタート』(公開中)の最大の見どころである、主人公・未央(EMILY)のライブシーン=“表”とメイキング=“裏”の画像が解禁された。

【画像】そのほか解禁された場面写真とメイキング

 本作は、北海道・下川町と吉本興業がSDGs推進における連携協定を結び発足したプロジェクトで、2019年6月から9月まで実施したクラウドファンディングで目標金額を大きく超え、700人からの支援を集めることに成功。そうしたサポートを受けながら、下川町の自然を余すことなく映像に落とし込んだ意欲作。

 北海道下川町で育った主人公・未央は、シンガーソングライターを目指し上京。10年の月日が経ち、思い描いた夢とは異なるものの、地下アイドルとして一生懸命に活動していた。意図せず起きた有名アーティストとのスキャンダルによって、世間からバッシングを受け、SNSで炎上。夢に破れ傷つき、故郷に帰ってきた未央だったが、周囲ともうまく接することが出来ずひとり殻に閉じこもってしまう。そんな中、同級生の大輝は、未央を思い出の場所へと連れ出す。自然豊かな景色、支えてくれる仲間や家族の存在によって未央はゆっくりと前を向き始める、というストーリー。

 解禁された画像は、夢破れ故郷に戻った主人公・未央が家族や仲間たちの支えではじめて地元でライブを行うシーン。1点目は、ギター1本を手にしスポットライトを浴びてまさに今から未央が歌いだす瞬間をとらえたもの。歌への情熱を取り戻した未央がステージに立ちみんなの前でライブに臨む感動的な場面だ。

 それを静かに見守るのが、同級生・大輝を演じたSWAYと芸能記者役の品田誠、未央の義父役の中野英雄らの面々を捉えた2点目。ネイチャーガイド兼カメラマンとして活躍する大輝は未央を心配し人一倍彼女を支えた仲間のひとりで、思わずカメラを構える手も止まり、感慨深く聴き入っている様子が見て取れる。

 そして、3点目は、映画の最大の見どころでもあるシーンゆえに演技指導にも力が入る品川監督をとらえたメイキング画像だ。

 主人公・未央はほぼ自分自身だと語るEMILYは、目の前に集まった役者・エキストラ陣に向け、演技というよりは1人のアーティストとして歌を届けたかったと明かしている。未央がまさに“リスタート”を切るため役を通して全身全霊で歌い上げる姿、何よりその歌のパワーに圧倒され、役柄上は涙を見せなかったSWAYも、ぐっと胸に迫るものがあったといい、撮影が終わってホテルに戻ったあと一人思い出して涙したと話していた。