『ゼンカイ』増子敦貴、『スーパーヒーロー戦記』通じ決意新た「ゾックスとともに成長できたら」

 『機界戦隊ゼンカイジャー』にツーカイザー/ゾックス・ゴールドツイカー役で出演する増子敦貴が22日、都内で行われた『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』の公開初日舞台あいさつに登壇した。

【集合写真】鈴木福ら出演キャストがズラリ

 間もなく放送開始半年を迎える。増子は「映画撮影を通して、この歴史ある作品に出させてもらっている以上、もっともっと、ゾックスとともに成長できたらいいなと思います」と劇場作品を通じて決意を新たに。「ゾックスの魅力をもっと出していきたい」と誓っていた。

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。同作は、2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する。

 舞台あいさつには、内藤秀一郎、駒木根葵汰、山口貴也、川津明日香、青木瞭、市川知宏、知念里奈、鈴木福、田崎竜太監督も参加した。