TOYOTA、新型アクア発売 大型ディスプレイオーディオはトヨタコンパクトカー初採用

 TOYOTAは19日、フルモデルチェンジした新型アクアの発売を開始した。

【写真】10.5インチの大型ディスプレイオーディオの存在感半端ない…新型アクア内装

 「ハイブリッドカーを身近なものにする」という思いを込めて、「次の10年を見据えたコンパクトカー」を追求し、2011年に誕生した同車は、高い実用性に加え、ハイブリッド専用車として圧倒的な低燃費・静粛性を実現。発売以来の販売台数は187万台を超え、アクア全体で約1,240万トンのCO2削減した。

 今回のフルモデルチェンジでは、「バイポーラ型ニッケル水素電池」を駆動用車載電池として世界初採用し、従来の約2倍にバッテリー出力が向上。低燃費化もさらに進み、35.8キロメートル/リットル(グレード「B」のWLTCモード燃費。国土交通省審査値)と、従来比で約20%向上している。

 また、最新のToyota Safety Senseを標準装備し、交差点での右左折時の事故に対応範囲を拡大したプリクラッシュセーフティ、お出かけを快適にする全車速追従型レーダークルーズコントロール、同一車線内の中央を走行するよう操舵支援するレーントレーシングアシスト、ペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートなど、最先端の安全・安心機能、最新の予防安全機能を搭載。

 インテリア面でも、機能をひとくくりに集約し、シンプル・クリーンかつ上質な空間を表現。操作性・視認性に優れた10.5インチ大型ディスプレイオーディオをトヨタコンパクトカーとして初採用している。

 全4グレードでそれぞれ2WD(FF)とE-Fourを設定。価格は198万円から259.8万円となっている。