NOW ON AIR
N-FIELD (18:00-21:00)
NOW PLAYING00:00

『稲村ジェーン』30年の時を経て映画館でよみがえる 茅ヶ崎映画祭ほかで上映

 サザンオールスターズのデビュー43周年記念日でもある今月25日に約30年越しにBlu-ray&DVDでリリースされる、桑田佳祐が監督した映画『稲村ジェーン』(1990年公開)。このたび、神奈川県・茅ヶ崎市にて開催される『茅ヶ崎映画祭』で、同映画祭の“開催10周年記念特別招待作品”に選出され、発売日の25日に、茅ヶ崎を含む全国6都市で同時上映会が開催されることになった。

【動画】「ドキュメント・オブ・稲村ジェーン(2021 Ed.)」紹介PV

 同映画祭は、神奈川県・茅ヶ崎市で2012年より開催され、今年で10周年を迎える。昨年はコロナウイルスの影響で開催が中止となり、オンラインでの実施となったが、今年は「街と人がつながる」という映画祭の原点に立ち返り、今週末12日(土)〜27日(日)の間、感染対策を実施しながらのリアル上映を行う予定だ。

 今回、監督・桑田が茅ヶ崎出身であることに加え、この映画の舞台である稲村ヶ崎が茅ヶ崎と同じ湘南エリアであり、同エリアの人々から愛され続け、長い間上映や作品化が待ち望まれていた映画であるということ、さらに、公開から30年の時を経てよみがえったBlu-ray&DVDのリリース日と、映画祭10周年の開催タイミングが運命的に偶然重なったこともあり、映画祭実行委員会の満場一致で“特別招待作品”として選出されることとなった。

 リリース日当日である6月25日に、神奈川県・イオンシネマ茅ヶ崎にて特別に上映会が行われることが決定。映画館での上映は1990年の公開以降、実に約30年振り。湘南の空気を感じながら映画を楽しむことができる貴重な機会となる。

 同映画祭実行委員長の森浩章氏は「映画はライブだ! 記念すべき第10回茅ヶ崎映画祭において、悲願の『稲村ジェーン』を上映できますことは、至極の喜びです。湘南を愛するひとりの映画ファンとしては、6月25日の当日まで胸騒ぎが止まりません。それは僕だけではないはずです。みなさんソワソワするでしょ!?」と、喜びに満ちたコメントを寄せている。

 さらに、茅ヶ崎での上映会と時を同じくして、東京・名古屋・大阪・札幌・福岡の全国5都市の映画館でも同時上映されることが決定。デジタル・リマスターされた音と映像を大きなスクリーンで楽しむことができるのはこの上映会だけ。映画館ならではの迫力で“伝説の音楽映画”を楽しんでほしい。

■同時上映会概要
上映日時:6月25日(金)後6:00〜
上映会場:イオンシネマ 茅ヶ崎(神奈川県)、ユナイテッド・シネマ 札幌(北海道)、TOHOシネマズ 日比谷(東京都)、109シネマズ 名古屋(愛知県)、TOHOシネマズ 梅田(大阪府)、TOHOシネマズ 天神(福岡県)

チケット販売:各映画館のインターネットチケット販売サービス及び窓口/自動券売機にて販売を予定。販売開始日時については、6月21日に作品特設サイト(https://special.southernallstars.jp/inamurajane/)に掲載。先着順での受付となり、予定枚数に達し次第販売終了。プレイガイドでの販売はなし。新型コロナウイルスの感染拡大状況やその他主催者の判断により、実施内容が変更、または中止となる場合もある。