蒼井翔太&上坂すみれ、音楽番組“初共演” 「オタク魂」を存分に語る

 声優・アーティストの蒼井翔太と上坂すみれが、日本の音楽を世界に発信するNHK総合の音楽番組『SONGS OF TOKYO 』に出演すると11日、発表された。音楽番組では初共演の2人が「オタク魂」を存分に語り尽くす。

【写真】『SONGS OF TOKYO 』に出演する蒼井翔太

 2011年にデビューした蒼井は、これまで200本以上のアニメ作品に出演し、ときには女性キャラの声までこなす多才ぶりで人気に。13年にはアーティストとしても始動し、作品ごとに衣装やメイクを変えるビジュアルで「美容オタク」の素顔も見せている。

 蒼井と同じく11年に声優デビューした上坂は、主演アニメ『イジらないで、長瀞さん』が海外でブレイク。自らが歌う主題歌も北米や南米でも人気を集めているという。上坂も、ロシア、戦車、ロリータなどエッジのたった“オタク魂”が、高く評価されている。

 番組では、ホストの村上信五とホラン千秋が「ふたりはいかにしてオタクになったのか?」「どれほどアッパレなオタクぶりなのか?」そのルーツと実態に鋭く迫る。パフォーマンスでは、蒼井が「give me ◆ me」(◆=ハート)、「Eclipse」、上坂が「EASY LOVE」「POP TEAM EPIC」を披露する。

 番組はNHKワールドJAPANで21日(前0:10~ ほか)、総合テレビでは26日(後11:10~)に放送される。