NOW ON AIR
Smile SUMMIT (9:00-12:40)
NOW PLAYING00:00

『川柳居酒屋なつみ』新装開店 おしゃれダイニングバーに 宇賀なつみの新衣装に尾上松也「露出がこれまた…」

 居酒屋の女将に扮した宇賀なつみと常連客の尾上松也が、お店に立ち寄ったゲストたちと、「川柳」をきっかけに楽しく飲みながら、ほろ酔い本音トークを繰り広げるテレビ朝日『川柳居酒屋なつみ』(毎月第4金曜 深0:50~1:50)。和風居酒屋から一転、おしゃれダイニングバー風居酒屋として、きょう30日から“新装開店”する。

【写真】おしゃれになった『川柳居酒屋なつみ』の店内

 これまで、昔ながらの和風の店構えにカウンター内には宇賀が、カウンターの後ろのテーブル席には松也が座って来店客を迎えきたが、30日に新装開店。オーナーが変わったということで、これまでとは一転、ダイニングバーのような店内には、ゆったり広くなったカウンターや黄色い柱が鮮やかに目立ち、壁の飾りや照明もモダンで明るくおしゃれな雰囲気となった。これまでビールグラスや徳利、日本酒などが並んでいたカウンターの壁には、ワイングラスやシャンパングラスが吊るされ、カラフルな洋酒の数々が並ぶ。

 以前は大人の憩いの場所という雰囲気だったが、大人だけでなく若い人たちも通いたくなるお店に生まれ変わった『川柳居酒屋なつみ』。そんな新たなセットに松也は「気分が変わって、また新たな気持ちになれますね。あと、とにかく僕は、スタジオもさることながら、(この広くなった)カウンターでみんなと話せるっていうのが、距離が少し近くなるので、すごくうれしかったですね」と、語っている。

 また、新たな居酒屋の雰囲気に合わせて女将・宇賀の装いも変わることに。これまでの着物とかっぽう着を脱ぎ、黒いレースがあしらわれた華やかなワンピース姿を披露する。宇賀は「かっぽう着にすごく憧れがあって、その姿で女将をやらせていただいてとても幸せだったんですけど、少し重くて包まれている感じがあったので、それを取っ払って、身動きがとれてより自由に飲めるかな(笑)」と笑顔。一方の松也は、宇賀の新たな姿に「そりゃいいですよ! すごく新鮮で、空気も違っていいですよね」と言いつつ、「すごい腕を見てるって感じがしました(笑)。露出がこれまた…」と本音がちらりと漏れていた。

 新装開店と共に、新コーナーも登場。乾杯のお酒にも一層こだわって、お酒のプロフェッショナルがこれから話題になりそうなお酒を厳選し、『バズり酒』として紹介するほか、これまで宇賀がオススメするお店の料理を配達してきた『UGA eats』が、お店もワールドワイドにいろんな方に来てほしいという思いで、『世界のおつまみ』を用意することに。さらに、新たに『裏川柳』も登場する。

 新装開店1発目のゲストはマヂカルラブリー。『M-1グランプリ2020』の王者で、バラエティー番組にひっぱりだこの2人が、バズり酒や世界のおつまみを楽しみながら、川柳を通して本音を語っていく。

■コメント
【宇賀なつみ】セットも衣装も、おしゃれだけど親しみやすい雰囲気があって、それはすごく良かったなと思いましたね。カジュアルな感じで、より気さくに来ていただけるのかなと感じています。衣装は、かっぽう着にすごく憧れがあって、これまでその姿で女将をやらせていただいてとても幸せだったんですけど、少し重くて包まれている感じがあったので、今回それを取っ払って身動きがとれるようになったので、より自由に飲めるかな(笑)。

 この4月で3年目に突入しましたが、ちゃんと女将ができているのか、いまだ不安なんですけど、私自身はとっても楽しくやらせていただいているので、あまり気張りすぎずにやっていければと思っています。お客様が本当に普通に飲みに来て楽しんでいただいて、それを視聴者に見ていただけるという、すごく独特な番組だと思うんですけど、無理やり笑わせにいったり、仕掛けとたりなどあまりせず、純粋に楽しんでいる空気感を大切に、引き続きしていけたらなと思います。また、より多くの人に来ていただいて、いつか満席にしたいですね。

【尾上松也】(新セットで)気分が変わって、また新たな気持ちになれますね。あと、とにかく僕は、スタジオもさることながら、この広くなったカウンターでみんなと話せるっていうのが、お客様と距離が少し近くなるので、すごくうれしかったですね。女将の衣装も変わって、すごく新鮮で。これまでお着物の姿しか見ていなかったので、また空気も違っていいですよね。着物の時よりもよりラフというか、雰囲気や話し方も変わった感じはしたかもしれないですね。

 今は世の中がこういう状況下ですが、セットも広くなりスペースありますから、わいわいガヤガヤとする本物の居酒屋やバーみたいな雰囲気でできるようになったらうれしいなと思いますし、状況が変わったら、本当に『川柳居酒屋なつみ』に行きたいと思った人が、急に入ってきてもいいなって思っています。僕は常連客ではありますけど、もはや自分の中ではほぼ女将のもとで働く店員というような感覚でいますから、来ていただけるお客様にはとにかく楽しんでもらいたいです。それで僕らも楽しんで、視聴者の皆さまにも一緒に居酒屋で飲んでいるような気持ちで番組を見ながら、笑って楽しんでいただくっていうのが理想だと思うので、そこは変わらずやらせていただきたいですね。