園子温監督が無名の役者たちと作り上げたインディーズ映画、今秋公開へ

 園子温が監督・脚本・編集・音楽をてがけた新作『エッシャー通りの赤いポスト』が今年秋に公開予定であることが明らかになった。園監督にとっては、久しぶりのインディーズ映画。役者の卵たちと作り上げた遊び心と映画愛あふれる作品となっている。

【写真】映画『エッシャー通りの赤いポスト』場面写真

 本作のストーリーは、「鬼才のカリスマ映画監督・小林正の新作のオーディションに有名無名の女優たちが集結。興味本位で応募してきた者、夫の意思を継ぎ女優を目指す若き未亡人、「小林監督心中クラブ」のメンバー、浴衣姿の劇団員、やらせの有名女優、殺気立った訳ありの女…など!? 一方、小林監督はエグゼクティブプロデューサーの無理な要望に苦悩し、シナリオ執筆もうまく進まない。そんな時、昔の彼女が監督の目の前に現れるが……。」というもの。園子温節全開のオリジナルストーリーで、個性豊かな登場人物たちの物語が”赤いポスト”を起点に展開していく。

 撮影は、2019年2月に心筋梗塞による緊急搬送&入院を経た園監督の退院後、同年8月に行われた。園監督が、脚本・編集・音楽を担当し、藤丸千、黒河内りく、モーガン茉愛羅、山岡竜弘、上地由真、縄田カノン、鈴木ふみ奈ら役者の卵たちのほかに藤田朋子、田口主将や、園組常連の吹越満、渡辺哲、諏訪太朗が出演している。

 本作はすでに、世界6つの国の映画祭で上映され、昨年10月に開催された第49回モントリオール・シネヌーヴォー映画祭では観客賞を受賞し、今後もベルリン批評家週間(2月27日~3月7日)を含む4つの映画祭での上映が決まっている。ベルリン批評家週間のアートディレクターのデニス・フッター氏は、本作について「今回、選考委員会は園子温監督の遊び心とアイロニーに興奮しました。監督としての長いキャリアを経て、このような根源的に繊細な作品を生み出す彼の能力には目を見張ります。『エッシャー通りの赤いポスト』は、今日の日本のインディペンデント映画の”製作の今”を鋭く正確に表現し、映画製作の将来について多くの疑問を投げかけています」と、讃えている。

 園監督は「ワークショップをやる事を決意して、生徒たちを実践的に教えるためには映画を作るしかない、と思い立ち、あれよあれよと言う間に、怒とうの如く始まった。まるで22歳の時にはじめて作った8ミリフィルムの自主映画みたいに情熱だけで作り上げた。あの頃の無心になって追いかけていた映画の神様、映画作りに燃えるマグマみたいな魂を抱えて、もう一度、原点回帰して、邪心ゼロで作っちまった童心映画! 病みつきだぜ! また、やりたい! また、作りたい!」と語っている。

 また、本作を企画したアクターズ・ヴィジョン主宰の松枝佳紀氏は「まだ無名の俳優たちを映画の中で活躍させることができたら、どんなに素晴らしいだろう。本作はその願いを叶えてくれました。これは園監督にしか作ることのできない映画です」とコメント。

 今年は、園監督の念願のハリウッドデビュー作、ニコラス・ケイジ主演の『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』も公開され、ハリウッド映画とインディーズ映画の両極端な振り幅で、鬼才・園子温が大暴れする年になりそうだ。

 映画『エッシャー通りの赤いポスト』今秋、東京・ユーロスペースほかにて全国順次公開予定。