NOW ON AIR
レディオ ファントム (6:00-9:00)
NOW PLAYING00:00

王貞治氏、“王キラー”安田猛氏を偲ぶ「757号を彼から打ったことを思い出しました」

 1970年代に活躍し、“王貞治キラー”としても名をはせた元東京ヤクルトスワローズの安田猛氏が死去したことが20日、わかった。享年73。現役時代に熱戦を繰り広げたプロ野球・ソフトバンクホークスの王貞治会長(80)もコメントを寄せ、故人を偲んだ。

【写真】野球トークに花を咲かせる徳光和夫と王貞治

 「ペンギン投法」と呼ばれた独特のサイドスローを武器に、好打者たちを抑えてきた安田氏。王氏は「安田さんは少し変則的な投げ方でしたが球に力があり、テンポが良くて度胸がある投手でした。訃報に接し757号を彼から打ったことを思い出しました」と振り返りながら、かつてのライバルに向けて「病魔との闘いは大変だったでしょう。安らかにお眠りください」とメッセージを送った。