NOW ON AIR
BEAUTIFUL SONGS 〜こころの歌〜 (12:40-13:00)
NOW PLAYING00:00

志尊淳、岡田将生は「包容力がありました」 “除霊シーン”のメイキング解禁

 俳優の岡田将生と志尊淳がW主演を務め、平手友梨奈が共演する映画『さんかく窓の外側は夜』(22日公開)のメイキング映像が13日、解禁になった。

【動画】岡田将生&志尊淳、除霊シーンのメイキング映像

 原作は、販売部数が130万部を突破している女性漫画家・ヤマシタトモコ氏による同名のミステリーホラー漫画。岡田が除霊師・冷川理人、志尊は幼いころから幽霊が見える体質に悩まされている書店員・三角康介を演じ、心霊探偵バディを組んだ2人が不可解な連続殺人事件の謎を追うことになっていく。さらに、呪いを操る謎の女子高生・非浦英莉可を平手が演じる。

 解禁されたのは、書店で出会った冷川と三角が除霊を行うシーンのメイキング映像。岡田と志尊が段取りを確認するところから始まり、「神秘的な感じで」と森ガキ侑大監督からの演出指示を真剣に聞く2人の姿が収められている。さらに、岡田が志尊の後ろからゆっくりと胸に手を置くなど、メイキングからも2人の色気伝わる映像となっている。

 除霊シーンについて志尊は「冷川が三角に触れる瞬間には包容力がありました。このシーンはどうあるべきか、そのためにはどうしたらいいかという話し合いを、監督を交えて妥協せずにできたのは岡田さんのおかげです」と岡田への全幅の信頼を述べている。