NOW ON AIR
GOGOMONZ (13:00-17:00)
NOW PLAYING00:00

“杉谷いじり”で培った優しさと巧みな言葉選び…西武ウグイス嬢、異例シーズンのアナウンスに込めた想い

 昨日放送の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)の「リアル野球BAN対決」で、高校の先輩・石橋貴明とともに「チーム帝京」の一員として大活躍した北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士選手。プレーはもちろん、それ以上に杉谷選手の名前を全国区にしたのが、埼玉西武ライオンズの本拠地・メットライフドームでの“杉谷いじり”。試合前、打撃練習を始めると、埼玉西武のウグイス嬢が “口撃”。そのいじり加減の絶妙さが話題となり、いまやこれを楽しみに球場に訪れるファンもいるほど。だが、2020年シーズンはコロナ禍もあり、球場で観客を楽しませることができない日々が続いた。このアナウンスを担当する埼玉西武ライオンズ事業部の鈴木あずささんに、異例のシーズンを振り返ってもらいながら、“杉谷いじり”への想いを聞いた。        

【写真】「チーム帝京」の一員として大活躍した杉谷選手含む「リアル野球BAN対決」出演者

■“名口上”の始まりは杉谷選手からのお願い

 そもそも鈴木さんが、杉谷拳士選手を「いじる」ようになったのは、2014年7月。杉谷選手からの“お願い”がきっかけだった。        

「試合前の打撃練習終了の際には、その旨、アナウンスするんですが、杉谷選手から『僕、今日のバッティング練習、順番が最後なので、【杉谷選手、バッティング時間、あと10分です】ってアナウンスしてください(笑)』って言われたんです。その日は見合わせましたが、シーズン終盤にタイミングがあったので、思い切って実施しました」                  

 以来、「テレビで見るより3倍爽やか、杉谷拳士選手です。その守備、その脚、その打撃、案外普通のヒーローインタビュー」「杉谷選手が今シーズン時折見せる鋭い打球が、本日もスタンドに飛び込む恐れがございます。謙虚なバッティングの中に勝負強さが見え隠れする杉谷選手の打球の行方には皆さま最後まで十分ご注意ください」など、“名口上”生まれ、埼玉西武×北海道日本ハム戦の名物として、多くのメディアで取り上げられてきた。

■杉谷選手の活躍により「手が抜けない」と本気に

 数々の“名口上”がメディアに注目される大きな要因は、鈴木さんの言葉選びの巧みさ。自身も言葉遣いに気を付けていると話す。

「極力マイナスの表現や言葉は使わないように、同じ意味ならプラスの表現、前向きな言葉や言い回しを選ぶようにしています。ただ、やはり心配になり、一度、ご本人に『傷ついていませんか?』と確認したことがあります。ひじょうに爽やかに『むしろ、ありがとうございます!!』と言っていただきました(笑)」

 ウイットに富んでいるだけでなく、愛情のこもった言葉だからこそ、敵味方関係なく、鈴木さんの“杉谷いじり”は広く野球ファンの間で人気になっているのだろう。そんな鈴木さんの“杉谷いじり”への真摯な姿勢を表すこんなエピソードがある。

 2017年、ケガや不調などで一、二軍を行ったり来たりしていた杉谷選手は、シーズン終盤までメットライフドームでの試合に参戦することができなかった。だが、埼玉西武との最終戦直前に一軍昇格が決定。鈴木さんは「そこから試合前日まで、本当に一日中、杉谷選手のことを考えていました(笑)。何しろ、そのシーズン唯一の機会でしたから」と気合を入れた。

「ただいまバッティング練習を行っておりますのは、空前絶後の超絶怒涛のムードメーカー。野球を愛し、ファンに愛され、スタンド、グラウンド、審判団、そのすべての笑顔の生みの親。あまりのポテンシャルの高さから、スポーツ、球界、ファッション界、あらゆるメディアに狙われる。出身は大泉学園(メットライフドームがある所沢からほど近い西武線沿線)。所属、北海道日本ハムファイターズ、背番号2。あれから1年、メットライフドーム最終戦で初登場。みなさま、今日が最後のチャンスです! そう、彼こそは…北海道日本ハムファイターズ、杉谷拳士選手です」

 アナウンスに台本はない。ただし、以前はすべてアドリブだったものの、近年は杉谷選手の活躍が目立ってきていることから「本格的に手を抜けないなと思って(笑)」と、事前にワードを準備したりイメージを膨らませているという。

■異例のシーズンを経てファンとのつながりをより実感

 だが、2020年シーズン当初はこのアナウンスを聞くことはなかなかできなかった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3ヵ月遅れて6月に無観客で開幕。7月には有観客試合が可能となったが、人数制限、入場前の検温、マスク着用、大声での声援や応援歌歌唱、ホイッスルなどの鳴り物禁止等、徹底した感染予防対策がとられ、球場内の雰囲気は一変した。

「無観客の球場は、本当に寂しかったです。グラウンドの選手たちの声がいつも以上に響いて聞こえましたし、応援歌がないメットライフドームはこんなに静かな空間なんだと。あと、心なしか試合が早く終わるようにも感じました。選手たちも打席に入るのがほんの少し早かったり、攻撃が終わって守備につくのがほんの少し早かったり、試合が淡々と進んでいくイメージで、やはり何かが足りないなと思っていました。私個人としても、『ファールボールにご注意ください』って、言っていませんでしたからね」

 メットライフドームが観客を迎え入れたのは7月21日から。「正直、涙が出るくらい感動しました」と鈴木さんは顔をほころばせる。

「私は常々、お客様もプロ野球を構成するひとつの要素だと考えてきましたので、やっとプロ野球になったなと。ですから、つい、アナウンスで『お帰りなさい』のセリフが出てしまいました(笑)。やっぱりお客様って本当に大事だなって改めて強く感じましたね。最初は上限5000人でしたが、その数字以上に座席が埋まっているようにも感じましたし、お客様が入ったことで、選手たちも気持ちが入ったように見えました。お客様も大声を出してはいけない等、まだまだ不自由な状態の中、それでも限られた、許容された範囲内での応援を存分にしてくださって、みんな本当に、野球を、ライオンズを好きでいてくれていたんだなと心が震えました。野球が大好き、ライオンズが大好きだというひとつのことで、ファンの皆様とどこかでつながっていたんだと気づくことができて本当に感動で、とても貴重で素敵なことだと改めて気づかされました」

■アナウンスの裏にある“思いやり、敬意、感謝”

 “杉谷いじり”で培われた、優しく思いやりながら観客に訴えかけるアナウンス。さらに、コロナ禍で感じたファンの大切さ。それらが形となって表れたのが、シーズン終盤、各球団とのメットライフドーム最終戦でのアナウンス。相手チームのスターティングラインアップ発表前に、こんなアナウンスで場内を沸かせた。

【11/4北海道日本ハムファイターズ戦】※メットライフドームでのホーム最終戦
「ようやく迎えられた開幕戦は、この場所でのファイターズ戦でした。熱狂も歓声も、肌で感じることのできない初めての開幕。それでも全チームうつ向かず、前を向いて進んできました。そんなシーズンを、共に戦ってきたライバルとファンの皆さんに敬意を込めて」

 この時の心境を鈴木さんはこう解説する。
「今シーズンは、とにかく、目の前の勝利や優勝を目指すだけでなく、すべてのチーム、ファンの皆様、プロ野球に携わるすべての人が、みんなで一緒に最後まで無事に頑張ろうという思いが強いと感じていたので、僭越ながら、そんな気持ちを言葉にして、各チームとメットライフドーム最終戦のスタメン発表時に伝えさせてもらいました」

 ちなみに、開幕こそ遅れたものの、このシーズンも“杉谷いじり”は絶“口”調。シーズン最終盤には、大ヒットした『鬼滅の刃』を取りいれた「杉谷選手渾身の『全集中、それなりの打球』は非常に危険です」というアナウンスで場内を大いに盛り上げ、杉谷選手からも最終戦の試合前、万全の感染対策を整えたうえで、わざわざ放送室に挨拶に訪れ、差し入れをしてくれたという。

■注目されるのは得意ではないが、ライオンズを好きになるきっかけになれば

 鈴木さんはこれまでにも、“杉谷いじり”についてメディアから取材を受け、名口上が生まれるとそのたびに、翌日のスポーツ紙を沸かせてきた。他球団の選手とともに注目されることは本意ではないだろうが、本人はどのように思っているのだろうか。

「私は裏方ですので、自分が注目されるのは正直、得意ではありません。それでも、野球を好きになる、ライオンズを好きになるきっかけはどこにあってもいいと思っていますので、私のアナウンスがきっかけのひとつになってくれるのであれば、幸せなことだと思います」

 全ては埼玉西武ライオンズのため。事業部に所属する鈴木さんは、球場アナウンス以外にも、試合日程が決まったら、相手チームとやり取りをし、試合で行うセレモニーや着用するユニフォームを決定するなど興行に関わる仕事をメインに、経理処理や請求書、契約書類の作成など、デスクワークなどその仕事は多岐にわたる。
 事業部としての立場からも、2021年シーズンは、楽しみなことが多いと目を輝かす。

「メットライフドームエリアは3年かけて改修工事を行ってきましたが、次の開幕戦にはそのすべてが完成し、グランドオープンします。ビジョンや音響自体もグレードアップしますし、それらを使った新しい演出にも注目いただければと思います。
 まだまだコロナ禍が続きそうで、すべての不自由から解放されることはないかもしれません。そんな状況であったとしても、ライオンズを身近に感じていただけるよう、私もファンの皆様とともに成長していけたらと思っています。とにかく、健康第一。あとはいつどんな時でも、同じサービスを提供できる状態であり続けることに注力して頑張ります。
 そして、お客様には、いつ来ても、同じように安心して、楽しく過ごしていただきたい。私たちにとっては年間70試合以上あるうちの1試合でも、お客様にとっては特別な1日かもしれません。だから決して1試合たりとも手を抜くつもりはありません。2021シーズン、是非とも優勝して一緒に頂上からの景色を堪能しましょう」

取材・文/河上いつ子