伊藤園、日本初“認知機能”高める食品発売へ 『お~いお茶 お抹茶』飲料&スティック

 伊藤園が18日、日本初となるテアニンと茶カテキンの働きにより“認知機能”(注意力・判断力)の精度を高める“機能性表示食品『お~いお茶 お抹茶』を12月7日に発売することを発表した。あわせて認知機能に関する課題解決に挑むプロジェクトを立ち上げた。

【全身ショット】記者発表会に全身緑色の衣装で登場した有村架純

 これは、平均寿命世界一を誇る日本において、本格的な長寿社会が到来し、長い人生をより豊かに過ごすため、“心身ともに健康であることに関心が高まっている”ことから企画されたもの。この日に都内で行われた発表会では、自社調べで「認知機能を維持、低下を緩やかにしたいが何をしてよいのかわからない」と半数以上が回答し、“認知機能”に対して多くの人が不安を感じていることが明らかにされた。

 『お~いお茶 お抹茶』は、抹茶飲料とスティックタイプがあり、機能性関与成分として摂取目安量1日2本あたりテアニン50.3ミリグラムと茶カテキン171ミリグラムを配合。年齢とともに低下する認知機能(注意力・判断力)が気になる人に向けた商品となっている。税別価格は抹茶飲料(ボトル缶)が150円、緑茶が2800円(1.7グラム×32本)、600円(6本)。