劇場版『仮面ライダーセイバー』12・18に公開 “不死身の剣士”が登場? 『ゼロワン』と2本立て上映

 9月6日からテレビ朝日系で始まった「仮面ライダー」シリーズ最新作『仮面ライダーセイバー』。『劇場版 仮面ライダーセイバー』(仮)として12月18日から、『劇場版 仮面ライダーゼロワン』(仮)と2本立てで公開することが発表され、特報とティザービジュアルが公開となった。

【映像】謎が謎を呼ぶ『劇場版 仮面ライダーセイバー』の特報

 『劇場版 仮面ライダーセイバー』のビジュアルで印象的なのは、仮面ライダーセイバーを取り囲む青い光。怪しげな本から流れ出るこの光は、セイバーの背後で剣士らしき影を作り出しているが、この剣士は何者なのか…。「破滅の本が、世界を飲み込む。」とは一体どういうことなのか?そして、セイバーの周囲を舞う文字が示すものとは…。

 同時に解禁とされた特報映像では、ビジュアルの謎を解き明かすヒントが明かされている。決して読んではいけない“禁断の書”と呼ばれる一冊の本が登場するとともに、“不死身の剣士”という最強の敵を思わせる存在も浮かび上がり、これから始まる決死の戦いを予感させる内容とに。テレビシリーズの明るい雰囲気とは打って変わり、緊迫した空気を放っている。

 『劇場版 仮面ライダーゼロワン』のビジュアル&特報も解禁。存在感を放つエデン、その横には爆発し荒廃した様子のビル街とその中にいるゼロワンの姿が…。謎が謎を呼ぶティザービジュアルと特報となっている。

 また、プレゼント付前売券が11月8日から販売開始。『仮面ライダーゼロワン』で好評だったショートアニメ企画を『仮面ライダーセイバー』でも制作し、前売券を購入すると両方のショートアニメを公式動画配信サービス「MIRAIL」(ミレール)で視聴できる。

 『仮面ライダーセイバー』のショートアニメのタイトルは、<別冊仮面ライダーセイバー 短編活動 萬画集>。その第1集「ダンス本番、その前に。」が東映特撮ファンクラブ(TTFC)での配信に先駆けて、ムビチケ特典として登場。テレビシリーズのエンディングダンスの舞台裏が明らかに? 一方の『仮面ライダーゼロワン』では、TTFCで好評配信中の<仮面ライダーゼロワン ショートアニメ EVERYONE’S DAILY LIFE>の最新話がムビチケ特典で先行配信。今まで登場した全キャラクターが再集結。本編では描かれない彼らの日常が堂々のフィナーレを迎えている。