映画『TENET テネット』東京・池袋の劇場にノーラン監督から直筆の感謝状

 9月18日に全国の劇場で公開され、週末興行収入4週連続1位、『ダークナイト ライジング』を超えて、累計興行収入20億円突破、先週末の動員ランキング(10月10日・11日)では新作を抑えて再び1位に返り咲くなど、大ヒット上映中の映画『TENET テネット』。なんと、日本でのIMAXオープニング成績(18~21日の興行収入)は、全世界のIMAXにおける同作の公開4日間オープニング成績の中で、売り上げ1位を記録。こうした数々の記録を打ち立て来た本作の日本での成功に、クリストファー・ノーラン監督から直筆の感謝状が届いていたことが明らかになった。

【写真】映画『TENET テネット』 メインカット

 ノーラン監督からの直筆メッセージが届いたのは、東京・池袋のグランドシネマサンシャイン。この劇場にあるIMAXレーザー/GTテクノロジーシアターは、IMAXフィルムカメラで撮影した映像を、トリミングされることなく1:1.43のフルサイズで鑑賞できる数少ない(国内では2ヶ所)劇場であるため、多くのファンが連日詰めかけた。

 公開初日(18日)午前0時と午前3時から最速上映を行い、午前0時の回は販売開始から約10分で完売するという盛り上がりを見せ、その後の18日分のIMAXレーザー/GTテクノロジー回もすべて完売。19日~22日の4連休でも満席の回が続出し、グランドシネマサンシャインの『TENET テネット』IMAXのオープニング興行収入(18日~21日の公開後4日間の興行収入)が、全世界のIMAXシアターにおいて世界第1位の成績を収める快挙を達成したのだ。

 その後の勢いも止まることなく、日本での社会現象級の大ヒットに貢献しているとして、ノーラン監督は感謝状で「皆さんの持つ素晴らしいIMAX劇場での大成功、おめでとうございます。そして『TENET テネット』を、本来あるべき最高の状態で上映いただいたこと、心から感謝いたします。いつの日か東京で、皆さんの持つ巨大スクリーンで映画を観ることを楽しみにしています」と、コメントを寄せている。

 本作は、突然、人類滅亡を救う唯一のキーワード《TENET(テネット)》の謎を紐解く任務を与えられた主人公・名もなき男が、全人類を救うため、時間のルールから脱出し、第三次世界大戦を越える危機に立ち向かっていく様を描く。名もなき男と相棒ニールの本当の関係性、逆行と順行のパズル、TENETの本来の意味、回文書など、あらゆる所に秘密が隠されている特性からリピーターが続出。ネット上では、名もなき男とニールの物語の二次創作が大いに盛り上がりを見せており、続編への熱い声も集まっている。

 米国の雑誌「Esquire」のインタビューで、名もなき男を演じたジョン・デイビッド・ワシントンは、続編企画の有無について問われ、「僕の中での答えは、イエスです!」と返答。「クリス(・ノーラン監督)は自身がやりたい事に取り組む方。もしかすると、彼には何年にも渡り準備してきた作品があるかもしれませんし、他に刺激を受けて取り組みたいと思っている作品があるかもしれません。僕としてはもう一度、出来たらうれしいですけどね」と意欲を示しつつ、「実際のところ、どうなるのかはわかりません」と答えている。