「13年間、押入れで生きた」光を知らない涙目の猫、「愛だけ」では命を預かることはできない

 『ねこけん』は、猫の殺処分ゼロを目指して日々活動を続けるNPO法人。そのブログでは、猫を保護した際のリアルな状況、悲惨な姿まで隠すことなく伝えいる。13年間、真っ暗な押入れで飼われてきた猫 “彦爺”についても、そのエピソードが綴られている。代表理事・溝上奈緒子氏に、あらためて取材を行い、彦爺の保護当時の様子と、その後を聞いた。

【写真】涙目でガリガリ…押し入れ生活13年の“彦爺”、保護直後から幸せな最期まで

■猫嫌いの夫から隠し…真っ暗な押入れで猫3匹を飼っていた

 愛嬌のある表情で写真に写った茶虎の老猫・彦摩呂、通称“彦爺”は、一見とても穏やかに見える。だが、その表情とは裏腹に、彦爺には壮絶な過去があった。なんと、13年間も押入れで暮らしていたというのだ。

 彦爺を飼っていたのは、高齢の夫婦だ。奥さんが彦爺を拾ったものの、夫は猫嫌い。夫に見つからないよう、彦爺は押入れの中で育てられた。「奥さんは、保護活動に携わるボランティアの方だったんです。だから、旦那さんが猫嫌いでも、捨てられていた生後2ヵ月の子猫をどうしても見捨てることができなかったんでしょうね」と、溝上氏は状況を慮る。そんな奥さんが彦爺を育てるために選んだ道は、家の押入れに隠すこと。決して虐待ではなく、愛情があったゆえのことだとブログにも綴られている。

 拾われて13年、彦爺は光を知らず、一歩も外に出ることなく、真っ暗な押入れの中で育てられた。しかし、ついに夫に隠し通せなくなり、『ねこけん』に相談。そうして彦爺は、初めて日の光を浴びることになったのだ。

 「彦爺が保護されたとき、実は全部で3匹いたんです。もちろん、3匹とも『ねこけん』で引き取りました。ほかの2匹も彦爺と同じように押入れで暮らしてきた猫で、しかも13年飼われていた彦爺よりももっと高齢でした。おそらく、奥さまは押入れで猫を飼うことが常態化していたんでしょうね。うちに来てしばらくして、2匹はリンパ腫で亡くなってしまいました」。

 過酷な境遇を生き抜き保護された彦爺だったが、押入れの外での生活に慣れるにはかなりの時間が必要だった。真っ暗な世界しか知らないだけに、いつまで経っても光に慣れることがない。「太陽の光に弱くて、常に目に涙が溜まっている状態が3~4年続いて。とてもかわいそうでした」と溝上氏。

 『ねこけん』の保護部屋で生活していたものの、最初の数ヵ月はずっとケージの中にいた。触ることもできず、爪を切ることもできなかったため、当初は足の爪が伸びすぎて巻き爪になり、肉球に刺さって化膿していたそうだ。

 だが、ボランティアメンバーの献身的な努力により、撫でることすら一苦労だった彦爺はやがて、部屋の中を自由に歩き回り、好きな場所で寝て、好きなご飯を食べて、好きなときに好きなだけ水が飲めるようになった。次第に自らメンバーに近づくようになり、すっかり保護部屋の人気者となっていった。

■「愛情があればいい、というわけではない」

 そんな彦爺を思い、「愛情があればいい、というわけではない」と語る溝上氏。彦爺を最初に保護した奥さんも、決して押入れの中に閉じ込め、虐待するつもりではなかったのだろう。とはいえ、猫にとってはたまったものではない。「ご飯だけあげていればいいのではなく、やっぱり猫ちゃんを健やかに育てられる環境がとても大切なんです」と、猫を飼うすべての人たちに呼びかける。

 太陽の光を知らなかった彦爺。だが、『ねこけん』に来てからは、たっぷりの愛情と何不自由ない環境の中で、のんびり、ゆったりと猫らしく過ごすことができた。その幸せな様子は、『ねこけん』ブログの写真からも確かに見てとれる。

 押入れの中で13年暮らし、『ねこけん』に来て8年。彦爺が静かに旅立ったのは、今年の7月のこと。彦爺が亡くなる前日には、茶王丸という3本足の子猫が突然死していた。ボランティアメンバーは、「彦爺は旅立つとき、子猫の茶王丸が迷わないように小さな手を取り、虹の橋へと一緒に向かってくれたのでしょう。とても優しいおじいちゃんでした」と、愛を込めて語る。その日のブログには、彦爺と茶王丸が虹の橋のたもとで仲良く手をつなぐイラストが投降されている。

 『ねこけん』の保護猫のうちでも最長老、21歳になっていた。

(文:今 泉)