NOW ON AIR
SUNDAY LIONS (12:55-16:00)
NOW PLAYING00:00

“役者・二宮和也”のココロの奥 ソロインタビューで語る芝居への向き合い方

 人気グループ・嵐の二宮和也が、28日発売の女性ファッション誌『with』11月号(講談社)に登場。スクリーンに映し出される繊細な表現のその裏で、「役者・二宮和也」は何を考えどのように芝居に向き合っているのか。ソロインタビューでそのココロの奥を打ち明けた。

■二宮和也のTV出演情報

 今や日本を代表する俳優として、映画界になくてはならない存在となった二宮。今回は映画ライターとして活躍し、折々で二宮への取材を行ってきたよしひろまさみち氏がインタビューを担当。6ページにわたる特集の中でじっくりとその想いに触れた。

 嵐の5人ではたびたびwithに登場してきたが、今回は久しぶりのソロ取材。「今の二宮さんの魅力をどう伝えたいか」、スタッフで話し合いを重ね、目指したテーマは「まっすぐ」。あれだけの表現力を携えた「役者」として放つ視線や輝き、そして想いを「そのまま」ストレートに感じてもらうべく、シンプルさの中に光る存在感を切り取った。シャツ、デニム、白いスニーカー……、大人になった今だからこそ、そしてこのベーシックな装いだからこそ際立つまっすぐな視線。思わずハッとさせられるさまざまな美しい表情に注目したい。

 現場では、さりげなくスタッフへの気遣いも見せ、限られた時間の中での一切無駄のない動きはまさにパーフェクトと形容された二宮。眼鏡を着用したシーンも用意していたが、その「眼鏡づかい」もまた実にスマート。メガネはファッション撮影でもよく使用されるアイテムだが、これを「ナチュラルに」そして「素敵に」扱うことは意外に難しく、普段なら難航することも多い。しかし、そこはやはり嵐、そして二宮。どの角度でカメラを向けても完璧なポージングで、モニターを覗くスタッフたちを驚かせていた。どのような仕上がりになったかは、誌面で楽しみたい。

 同号にはそのほか、Snow Man、Travis Japan、大貫勇輔、Da-iCE、BOYS AND MEN、永作博美、上白石萌音、井上瑞稀(HiHi Jets)、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)などが登場。表紙を飾ったのは乃木坂46からの卒業を控える白石麻衣。