NOW ON AIR
服部幸應 WELL TASTE (12:00-12:55)
NOW PLAYING00:00

綾野剛&北川景子、“信頼”で誕生したバディ「安心感が常にありました」

 俳優の綾野剛が主演し、女優の北川景子と刑事役でバディを組む映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(11月13日公開)。綾野といえば、TBS系ドラマ『MIU404』で星野源とのバディで大きな盛り上がりを見せたが、本作では『パンク侍、斬られて候』(18年)以来、北川と2度目のタッグを結成する。「信頼関係があったからこそ」と綾野が語る言葉から、2人のコンビ誕生に迫る。

【動画】映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』予告映像

 原作は中山七里氏のクライム・サスペンス小説。物語は、終末期の患者ばかりを襲う連続不審死事件が発生し、犬養隼人(綾野)と高千穂(北川)が捜査に乗り出す。すると、依頼を受けて患者を安楽死させるドクター・デスと呼ばれる医者にたどり着くと、犬養の一人娘・沙耶香が安楽死の依頼をしてしまう。ドクター・デスの目的と正体を追う、2人の刑事の挑戦が描かれる。

 警視庁捜査一課の検挙率ナンバーワンを誇る敏腕刑事・犬養と捜査一課の頭脳派の高千穂。さらに、岡田健史が新米刑事・沢田を演じ前野朋哉、青山美郷、石黒賢ら実力派俳優が警視庁敏腕捜査チームとして脇を固める。

 綾野は「北川さんに支えられている安心感が常にありました。支えられながら高千穂の手のひらで転がされている、それがとても心地よかった。そういう役者としての普段の関係性に近いことを含めて、異色バディを作ることができたと思います」と北川への全幅の信頼があったからこそ誕生したバディと語る。

 北川も「私自身が高千穂を演じるにあたって必要だったことは、犬養を“よく観察する”ことでした」といい、「ベースには信頼があって、その信頼関係のなかで、ときどき離れてみたり、先回りしてみたり、状況を読みながら行動する、そんなバランスが必要な役なんだと思いました」と綾野と同じく“信頼”という言葉を口にした。

 そして、綾野は「役柄以前に、役者としてお互いに信頼しあえる、寄り添える、敬意を持てる、それはすごくお芝居に影響するのだとあらためて感じました」と話す。犬養をときには見守り、ときにはしったする高千穂。犬養が感情的なときも、冷静で的確な判断によりコンビのバランスが取れている。本作でしか見られない、2人の息のあった掛け合いに注目し、公開日を楽しみに待ちたい。