NOW ON AIR
斉藤朱夏 しゅかラジ! (24:30-25:00)
NOW PLAYING00:00

山田孝之発起人で映画祭開催 志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが監督デビュー

 俳優の山田孝之、阿部進之介、映画の企画・制作などの事業を展開するand picturesの伊藤主税らが発起人となって2017年にスタートしたサービス「mirroRliar」が新たな企画として若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合し、映画を作り上げるプロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』(ミラーライアーフィルムズ)が立ち上がった。16日には都内で、プロジェクト発表記者会見が行われ、山田、阿部らが出席した。

【写真】ガッツポーズをする山田孝之&阿部進之介

 年齢、職業問わず多くの人に映画製作のきっかけや魅力を届けるべく、一流監督から一般クリエーターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作。1stシーズンを2021年夏に全国劇場公開する。さらにシーズン2、3、4と3ヶ月ごとに公開し、4シーズン公開後に映画祭を開催。グランプリ作品には500万円の賞金が贈呈される。

 36本の映画のうち、24本は著名な俳優、映画監督のオリジナル作品が含まれる。この日は、12人の監督が発表。阿部、安藤政信(俳優)、井樫彩(映画監督)、紀里谷和明(映画監督)、志尊淳(俳優)、柴咲コウ(俳優)、野崎浩貴(映画監督)、福永壮志(映画監督)、藤井道人(映画監督)、水川あさみ(俳優)、山下敦弘(映画監督)、山田が映画祭を盛り上げることとなった。このうち、阿部、安藤、志尊、柴咲、水川は監督デビューとなる。

 山田にとっては『ゾッキ』に続き、2作目の監督作品となる。意気込みを問われると「賞金もらえないから何でもやってやろうという感じ」と笑いつつ「何撮るか決めてない。5分から15分で予算も限られている。制限があるからこそ、アイデアで乗り越えて刺激的な作品を作れたらな」と力を込めていた。

 公募は、スマホで撮影された作品でも可能。一般公募作品の締め切りは来年2月28日まで。山田は「36作品のうち、僕らのは入らないので厳密にいうと34作品ですね」と訂正し、笑わせた。

■監督コメント

阿部進之介:僕にとって劇映画は「ここでは無い、でも地続きにある、手の届かない、どこかの世界の物語」であり、子どものころから魅せられてきた没入できる世界です。そんなパラレルワールドのような世界を、監督として創れるなんてとても幸せです。想像と創造を忘れずに楽しみたいと思います。

安藤政信:自分がいつか監督をするだろうとは心のどこかで想ってました。ただその時がいつだかはわからず。この場所で出逢った。仲間の山田孝之や伊藤主税さん達によって連れてきてもらえたのだと思います。この出逢いをはじまりに映像演出に関わっていきたいです。

井樫彩:不思議なご縁で今回参加させていただくことになりました。このようなすてきな取り組みの中で、自分になにができるのかを考えながら、ひとつの物語を紡ぎ出せたら、と思っています。

紀里谷和明:まだ自分でも何ができあがるのか見当もつきませんが、新しい映画制作を多くの方々とご一緒できる事を楽しみにしています。

志尊淳:いろんなことに挑戦したい。普段役者としての立場から行っている物作りを違う立場から、監督という目線から0から触れてみたい。俳優をやっている中で、徐々にこの気持ちが強くなっていきました。でもまさかこんなに早くできるとは思ってなかったです。どんな形であれ、クリエイティブという観点で役者の仕事に還元できるような事を感じたいと共に、自分が感じる心内を作品を通してお伝えできたらなと思います。支えてくださる方々に感謝の気持ちを持ちながら楽しく作品作りをしていきたいです。

柴咲コウ:「なんだかワクワクする」純粋なその想いだけを手掛かりに、やったことないことに挑戦してみるのも良いのかもしれない。「やりたいけど、やり方がわからない」そういったことも、人が集まれば、できることがたくさんあるのだろう。

野崎浩貴:例えば小学生やおばあちゃんたちが作る映画だって当たり前にある方がいいです。この企画には必須条件はありません。少し前までサラリーマンだった僕も作ります。しかも全て劇場公開されます。すでにもう楽しみです。

福永壮志:さまざまな声が集められた短編映画の作品群は、きっといつか振り返った時に今のこの時代が反映されたものになると思います。短い時間でも心に残る作品が作れるように頑張ります。

藤井道人:自主映画時代、短編映画を作り続けてきたけれど、こうやって自由に創作する機会をいただけたのは久しぶりな気がします。紛れて埋もれてしまわないように、初心にかえって楽しみます。

水川あさみ:わたしの同級生であり、友だちであり、尊敬する役者仲間でもある山田孝之から面白い話をもらいました。監督やらない?って。仕事でいちばん関わる立場なのに、いちばん未知の領域。自分が監督をやるなんてまったく思ってもみなかったけど、毎度、刺激と勇気をくれる山田孝之が誘ってくれるならチャレンジしてみようと、不安と期待が入り混じっております。

山下敦弘:「自由に好きに短編を作ってください」と言われると逆につらい。もともと、自主映画制作からのスタートだったので、昔は自由に好きに映画を作っていたはずなのだが、あれから20年以上も経ち、いろんな経験をしてきた今、自由に好きにと言われても正直どうしていいのか分からない…、といった状況なので、分からないものは分からないまま分かったフリをせず自由な映画に挑もうと思う。分からないまま突き進んだらどうなるのか?自分でもよく分からないので楽しみです。

山田孝之:与えられたのは自由な表現の時間。制限が無いと聞けば、人は自分で制限をどんどん増やすから面白い。予算は? 日数は? 人数は? 機材は? 納品は? 自分一人スマホを片手に佇むこともできるし、熟考の末予算を増やし結集させることもできるだろう。5分~15分の短い時間の意味は、強さも弱さも全てを含めた己との戦いから始まる。既に100で恐れているから未来は明るい。