NOW ON AIR
服部幸應 WELL TASTE (12:00-12:55)
NOW PLAYING00:00

吉高由里子、横浜流星の落ち着きぶりに驚き「ピンク髪のイメージが強かったから…」

 女優の吉高由里子と俳優の横浜流星が15日、都内で行われた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(10月23日公開)の完成報告イベントに登壇。初共演の2人だが、お互いの初対面での印象を聞かれると吉高は「画面で見るより、実際のほうが落ち着いて見える」といい「ピンク髪のイメージが強かったから…」とドラマ『初めて恋をした日に読む話』で横浜が演じた“ゆりゆり”との違いに驚いたことを明かした。

【動画】ハプニング発生!吉高由里子が横浜流星にサプライズプレゼント

 吉高は「しっかりしているし、まじめで落ち着いているし、色々と考えている。私が23歳のときは、もっとヘラヘラしていましたよ」と横浜の年齢以上の落ち着きっぷりを称賛。

 対する横浜は「緊張していました」と振り返り「(吉高を)テレビで見ていた側なので、良い意味でテレビのままというか。明るくて元気で場の空気も和ませてくれました。最初は緊張で心の壁があったんですけど、1時間たたないくらいで開けられました」と吉高のコミュニケーション能力に感嘆していた。

 メガホンをとった三木孝浩監督は2度目のタッグとなる吉高について「彼女の人柄に助けられた記憶があって、戦友のような存在です。短いスケジュールの中で、現場も大変だったので吉高さんがいれば大丈夫という安心感がありました」と信頼感を明かした。横浜に対しては「極真空手世界チャンピオンの横浜くんとアクションが撮れるなんて、ワクワクしかなかったですね!」と目を輝かせていた。

 吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする明香里。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じる。