NOW ON AIR
カメレオンパーティー (16:00-21:00)
NOW PLAYING00:00

有働由美子、大林宣彦さんの言葉に涙「いろんなことが救われた」

 フリーアナウンサーの有働由美子が、7月31日放送のニッポン放送『うどうのらじお』(毎週金曜 後3:30)に生出演。今年4月に亡くなった、映画監督の大林宣彦さんとのエピソードを語った。

【貴重ショット】ロングヘアだった!今と印象が違う有働アナ

 オススメの映画やネット配信ドラマなどを紹介するコーナー「ちょっとブレイク!うどらじムービー」で紹介したのは、放送日の7月31日に公開となった映画で、大林監督の遺作となった『海辺の映画館 キネマの玉手箱』。同コーナーのプレゼンターを務める映画パーソナリティーのコトブキツカサが、映画のストーリーを紹介し、有働アナに大林監督との思い出を尋ねた。

 有働アナは「以前、担当していたテレビ番組に、ゲストでご出演いただいたことがあったんですけど、番組が終わって、スタジオを出た時に『ちょっとおいで』と手招きしていただいて。控室にお伺いしたら『僕ね、君の笑顔が大好き』と、それだけおっしゃってくださったんですけど、それだけ聞いて涙が出るっていう。なんか、それでいろんなことが救われた気がして。たぶんその頃いろいろと悩んでいたので。そのシーンを、今でもありありと思いだすくらい、印象的でした」と思いを伝えた。

 コトブキも「本当に心配りができる方で、おやさしい方で。僕がとある番組で、大林監督の商業映画初作品『HOUSE ハウス』(1977年公開)を紹介したんです。すると、たまたま番組を見てくださっていたみたいで、所属事務所に手書きのお手紙を送ってくださり『あなたみたいな(若い)世代の、映画を紹介する方に選んでもらってうれしい』と書いてありました。この時は本当に鳥肌が立ちました」と語ると、有働アナも「それは宝物ですね」と語っていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。