NOW ON AIR
カメレオンパーティー (16:00-21:00)
NOW PLAYING00:00

「裏ごしってどうやるの?」高1息子が予算1000円で夕飯作り、自粛期間56日後に驚きの上達ぶり

 予算1日1000円で夕飯を作り、おつりはお小遣いにできる約束をお母さんと交わした高校1年生の息子さん。お母さんがSNS上で息子さんの手料理を公開すると、「センスがはんぱない」「盛り付け、お皿選びのセンスまでよくて尊敬」「流石にこれはレベルが高い…」などのコメントが寄せられ、その出来栄えとレパートリーの多さに反響を呼んだ。「コロナによる長い自粛期間を食と経済について勉強になったのでは」と語るお母さんと息子さんそれぞれに、きっかけと感想を聞いた。

【写真】「高1でこのレベル…」男子高校生が作ったとは思えない料理傑作集

■「高1の息子」がTwitterトレンド入り コメントで気づかされた“息子との関係性”

――56日目のツイートには16万いいねがつきましたが、反響はいかがでしたか。

【母】いつも8いいねくらいだったのが、まとめた投稿が夕方1.9万いいねとかになってて、息子と「なんか、バズってるね…」と話していました。それが、朝には12万とかになり、日本のトレンドに「高1の息子」が入ってて、それはもう、すごく驚きました。息子は「母親のアカウントが友達にバレる」と、すごく嫌がってました(笑)。

――印象的なコメントなどはありましたか。

【母】コメントの中に「母親の提案に素直に従う思春期の息子との関係がすごい」という、息子の料理だけでなく「親子関係が良い」と言ってくださる方が多く、今まで普通だと思っていた息子との関係が、世の中から見ると「かなり良い」ものなんだと初めて気づきました。

――息子さんに夕飯(夜ごはん)を作ってもらおうと思ったきっかけは何ですか。

【母】高校受験の合否の結果待ちで、学校も部活もない期間だったんです。新型コロナウイルスの感染防止のため友人とも会えず、暇を持て余しているようだったし、私も夫もリモートではなく普通に出勤してたので、ご飯を作ってくれたら嬉しいな!と思い、提案してみました。

――ただ作ってもらうだけじゃなく、1000円という予算を設けられたのはなぜですか。

【母】お金とは一生付き合って行くので、使い方を考えて欲しかったからです。無制限にお金をかけてやるのではなく、限られた予算の中で工夫してやって欲しかった。あと、余った分をお小遣いとして渡す約束だったので、予算が少な過ぎるとつまらないのでは?と思い、1000円にしました。

■“予算1000円以内”だけでなく「タンパク質1種類以上」「野菜のおかず1品」のルールも

――写真を拝見すると、本当にどれも美味しそうですよね。

【母】見た目だけではなくどれもこれも美味しかったのですが、海老の天ぷらは私が作るより、よっぽど美味しかったです。下処理なども時間をかけて丁寧にやっていて、仕上がりもカラっとして、感心してしまいました。

――最初に作った料理は何でしたか。

【息子】インスタントのスープと、和えるだけでいいスパゲティだったので、今の料理に比べたらクオリティが低かった気がします。

――毎日のメニューはどのように決めていたんですか。

【息子】料理研究家の山本ゆりさんの料理本を参考にしていました。夕飯作りのルールは、予算1000円の他にも「タンパク質1種類必ず入れる」「野菜のおかず1品」「汁物を付ける」というのもあったので、その条件を満たすようにしました。

――栄養バランスまで…!大人でもそこまで考えて料理するのは難しいですよね。
【母】料理に飽き足らず、お菓子作りにもハマリだした息子から、仕事中に「裏ごしってどうやるの?」と電話が来た事には驚きました。接客中の忙しい時だったけど、嬉しかったです。母の日に苺のムースを作ってくれたり、お弁当を用意してくれたり、涙が出るような出来事もありました。思春期の息子と料理を通じて過ごした時間は、かけがえのない宝物になりました。

■自分が料理を続けることで深まった母親への感謝「いかに気を配ってくれていたかわかった」

――料理を作っていた期間の前後で、息子さんに何か変化は感じられますか。

【母】生活に関しては、それほど変化は感じません。しかし、我が家では誰が作っても、美味しい不味いに関わらず「ごちそう様でした。美味しかったです。」と必ず言う決まりになっているんですが、以前は「言わされている」という感じだったのが、言葉の中に感謝の気持ちが入っているような気がします。

――息子さん自身は、この期間で何か発見はありましたか。

【息子】同じ肉でも、鶏豚牛、また部位によって値段が違うこと、魚が意外に高いことを初めて知りました。あと、母親が毎日いかに気を配って食事の用意をしてくれていたのかがわかりました。ありがたいです。

――今後も料理を続けていきたいですか。

【息子】趣味の1つに加わったので、時間があればやりたいです。魚を1匹捌いて、刺身にすることにチャレンジしてみたいですね。