NOW ON AIR
カメレオンパーティー (16:00-21:00)
NOW PLAYING00:00

僧侶がPC操る『オンライン法事』話題、築地本願寺の危機感「今こそ資質が問われる」

 新型コロナウイルスの影響を受け、参拝や法話等を取り止めていた寺院は多い。そんな中、築地本願寺(浄土真宗本願寺派)は、5月からウェブ上での『法要LIVE配信』や『オンライン法事』を開始。僧侶がヘッドホンを付けてPCやマスターを操作する姿に、SNS上では「絵が強すぎる」「オンライン法要の後はドローン参拝とか出てくるのかな」など大きな反響があった。オンライン祈祷やオンライン座禅、オンライン写経まで、コロナ禍で加速した寺院仏閣のIT進出。当然対面で行うべきという声もあるが、オンラインならではの利点と欠点とは。築地本願寺の責任役員で副宗務長の東森尚人氏に実態を聞いた。

【写真】「絵が強すぎる」お寺本堂でPCやマスターを駆使する僧侶たち

■ZOOM会議にYouTube配信も 400年の歴史あるお寺の“IT化”に当初は反対意見も

 『オンライン法事』とは、お寺にて家族の法事を執り行い、その様子をZOOMなどで中継するもの。約400年の歴史を持つ築地本願寺が始めた背景にはやはり、コロナ禍の影響があった。

「4月に緊急事態宣言が発令されたことを受け、4、5月の年忌や命日での法事はご遠慮いただいておりました。年忌など法事はその日にこそやる意義があることが多く、ご要望に応えられないものですから、寺としても歯がゆい想いを抱えていたんです」(東森氏/以下同)

 牽引したのは、代表役員で宗務長を務める安永雄玄氏だった。安永氏は三和銀行(現・三菱UFJ銀行)や外資系ヘッドハンティング会社、経営コンサルティング会社に勤務経験がある、変わった経歴を持つ僧侶。この安永氏の手腕により、同寺は以前からオンライン化が進められていた。

「去年の7月から寺内のIT化がスタートし、分院との会議はZOOMなどを用いたオンライン会議も行われていました。また、去年の11月から規模の大きな法要でWEB配信を開始。コロナ禍の4月20日からは、毎日配信するようになりました。以前から“法事もオンラインで可能なのではないか”という安永宗務長の意見もありましたので、コロナ禍を機に実施へ。何度もテストを経た上で、5月11日から『オンライン法事』がスタートしたのです」

 安永氏は、サラリーマン時代の経験を生かし、コミュニケーションツールとしてのIT化を積極的に導引。いわば“世俗”と“伝統仏教”のハイブリッド化が進んでおり、皮肉にも、これがコロナ禍で『オンライン法事』という新たなスタイルを生み出すきっかけになった。

 もちろん、そもそも法事は対面で執り行うべきものという考えもある。同寺は、これまでも直接足を運んでもらうことに一番の重きを置いており、「そんなことでいいのか」という躊躇する意見はあったと言う。

「コロナ禍で始めたものですが、幸いにも良い反響をいただけました。『オンライン法事』があって良かったという声がよせられている。コロナ禍でなくても、遠方で法事に来られない、海外在住で簡単には日本へ行けない、入院中で参拝できないといった、さまざまな理由で足をお運びいただけなかった方々も、今後ご利用いただけると思います。また『法要LIVE配信』では、今どのようなお経が読まれているのか、今この僧侶はどのような役割で何をしているのか、そうした解説も映像に入れており、こちらもご好評をいただいております」

 この解説も、安永氏のアイデアによるものだ。きっかけは文楽。文楽も上演中に、どのようなシーンでどのような芝居なのか、その解説が壁に表示される。これを参考にしたのだという。

■ネット環境、参拝者の減少、誤情報の拡散… オンラインならではの懸念も

 時代に合っていて良いこと尽くしに思えるが、懸念もある。まず一つに、画面越しであるため、表情が分かりにくいこと。そして、ちゃんと伝わっているか判別付きづらいということだ。

「またご高齢の方ですと、接続作業から苦労される方も多くいらっしゃいます。若い人に接続してもらったという声も多い。さらには、ネット環境によっては読経の声がとぎれとぎれになることも。音声がしっかり届いているかどうか、通信の安定についての心配もあります。そのため、法要の30分前には接続方法の説明をさせていただいております」

 昨今は、築地本願寺に限らずYouTubeチャンネルを開設する寺院が相次いでおり、Zoomを活用したオンライン祈祷、オンライン座禅、オンライン写経等、あらゆる行事がWeb上で行われる時代になった。

「お寺に直接お参りに来る人が今後少なくなるのではないか、という懸念は当然あります。ですが私個人としては、多くの人が気軽に仏教に触れられる良い機会になっているのではないかとも考えています。我々も時代に合わせて変わっていかなければならない。ダーウィンの“適者生存の法則”からもそれは明らかです」

 進化論で有名な自然科学者チャールズ・ダーウィンの“適者生存”とは、「進化の過程で生き残っていくのは、強い“種”ではなく、変化に適応していった“種”」という概念だ。つまり、いかにお寺であっても、伝統だけにしがみついていたのでは生き残ることは出来ない。社会環境の変化によって、お寺も変化していかなければ未来はないと、東森氏は語る。

「昔は、ロウソクなど火の灯りだけを堂内に使用していました。ですから、電気が導入された時にも当然議論はあったと思うのです。マイクもそうですよね。元々、しっかりと通る響き渡る声で読経や法話をしなければいけないという伝統との葛藤があったと思います。ですが、仏教を広めるためにはその時代その時代に何が良いか考え、人々に寄り添ってきたからこそ、今日の私たちがあるのではないかと考えております」

■檀家の3割は不満を抱えている実態「今こそ僧侶1人1人の資質が問われている」

 ただし、気軽に誰でも“教え”を発信できる時代になった今、誤って伝わる危険性もある。

「だからこそ、しっかりと伝えるためにも、僧侶としてあるべき姿を逸脱してはならないと思っています。浄土真宗の連合団体でのアンケート調査では、一般生活者や檀家の方々の僧侶への不満は、潜在的に約30%の方が持っているという結果が出ています。その内訳は、上から目線、檀家への感謝の念がない、お経が下手、法話の内容が分かりにくいなどです。今後、ますます僧侶1人1人の資質が問われており、襟を正していかなければいけないとも思っています」

 疫病や災害があると、おのずと“死”について考える機会が増える。それに加えて、コロナ禍では家族や友人に会えない日々が続き、心の拠り所を求めていた人は多かっただろう。東森氏も、それを強く感じたという。

「今までの日常がいかに“有り難かった”か。“有り難い”は、“有”ることが“難”しいと書きます。つまり、日常とは実は“有り難い”ものなのです。当たり前だと思って過ごす日々に、感謝の気持ちを持って生きていくことが大切と思います」

 足早に進化していく現代、我々もただ手をこまねいて流されるだけではなく、『オンライン法事』のように進化していく必要があるのかもしれない。Withコロナに適応しながら、これまでの“当たり前”を“有り難い”と感謝する。それが我々が今後も生き残っていく道なのかもしれない。


(文=衣輪晋一)