『仮面ライダーストア東京』内覧会 滅亡迅雷「薔薇風味」ドロップスなどストア限定商品を公開

 1971(昭和46)年の放送開始以降、昭和・平成・令和と時代を越え、子どもたちが憧れ日本を代表するヒーローとして親しまれている「仮面ライダー」。仮面ライダーシリーズを全国に、そして世界に発信する“グッズの秘密基地”『KAMEN RIDER STORE(仮面ライダーストア)』の第1号店の内覧会が7月1日のオープンに先駆けて、30日に行われた。

【動画】『仮面ライダーストア東京』店内の様子

 壁面のデジタルサイネージには、昭和・平成・令和の歴代36人の仮面ライダーが次々に出現。現在 、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』が入口に展示されるなど入店前からワクワクする外観に。店内も歴代仮面ライダーのライダーズクレストが飾れる。さらに『ゼロワン』の飛電或人の社長室をイメージしたミニショーケースも設置され、中には“祝開店”と開店祝いもあった。

 ストア限定のオリジナルグッズも公開。「アクリルキーチェーン 仮面ライダーアタックアート 東京Ver.」はライダーキックするデフォルメされた仮面ライダーたちのオリジナルアートが描かれる。そのほか、チョコクランチやTシャツ、ゼロワンのぬいぐるみ、ステーションキーホルダーも。『ドロップス仮面ライダーストアTOKYO』は公式ロゴが描かれた「いちご味」のほか、『ゼロワン』に登場する仮面ライダーゼロワン、仮面ライダーバルカン、仮面ライダーバルキリーが描かれた「りんご味」、さらには滅亡迅雷.dropsとして「薔薇風味」もあった。併せて『仮面ライダー電王』に登場するモモタロスがパッケージの「モモ缶ドロップス」も発売される。

 ストアオープン記念として『ゼロワン』に登場する変身アイテムの「DX スカウティングパンダプログライズキー」も発売。ストアとバンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で販売され、数量限定となる。

 また、新型コロナウイルス対策として、オープンから当面の間は「事前予約申込制(抽選)」となる。