NOW ON AIR
NACK5時ラジ (5:00-6:00)
NOW PLAYING00:00

水族館の広告ポスター「変態予告」が話題 京都の水族館が作った“レジャー解禁前の施策”

 新型コロナウイルスの影響で、国内のレジャー施設なども軒並み休業状態が続いている。そんな中、京都水族館が発表した広告ポスター「変態予告」が話題になっている。現在は休館中の京都水族館だが、このポスターには「コロナ自粛が解除された後のリニューアルオープンに向けて、水族館が新しい形態に変化していく」という明確な意志が込められているという。この京都水族館の取り組みや、ポスターに込められた思いを、広報担当の奥村さんに聞いてみた。

【画像】ドキッとする「変態広告」の文字、よーく見ると…「クラゲ」が出現

■「無観客イルカショー」250万再生に、「忘れられないように」休館中の想い

 2月29日から休館に入っている京都水族館だが、休館中も給餌や掃除、生き物の健康管理など欠かせない作業に追われている。まさに、休館中でも水族館は“稼働している”のだ。

――休館されている間、水族館の職員さんはどういうことをされていましたか?
【広報:奥村さん】生き物の飼育においては、給餌や掃除などの作業を通常通り行っているため、大幅な変化はございません。それと同時に、皆さんがお家にいても楽しんでいただけるように、SNSで「#休園中の動物園水族館」のハッシュタグをつけて館内の様子を配信して、元気な生き物たちの様子を届けられるよう努めております。

 京都水族館の公式Twitterを見てみると、ペンギン、アザラシ、オットセイ、オオサンショウウオといった人気の動物たちの館内での様子が、写真や動画でたくさん公開されている。中には“飼育スタッフ目線”と題して、動物たちに接近して撮影されている動画も。普通に水族館に行っても観られないアングルだけに、お客さんたちの関心を集めているようだ。

 また、水族館にいる生き物を忘れられないようにするための取り組みも積極的に行っているという。5月4日、5日には、「無観客イルカパフォーマンス」をTwitterでLIVE中継し、二日間で250万回を超える再生数を記録した。ネットでは「イルカショーめちゃくちゃ楽しかった!!」「元気が出ました」「久しぶりのイルカショー癒されました。なんでかウルウルしました」など、多くの反響の声が届いている。

■「変態予告」に込めた意味…再開に向けて水族館も新しい“形態”へ

 これまでも個性的なキャッチコピーをたくさん生み出してきた京都水族館だが、今回の広告ポスターには「変態予告」の文字が躍っている。近寄ってよく見てみると、「変」の文字にはバンドウイルカ、アカクラゲ、オオサンショウウオなど、「態」の文字にはケープペンギン、サクラダイ、カクレクマノミなど、4文字がすべて生き物のイラストでデザインされているのだ。描かれている生き物の数は全33種類。この奇抜なアイデアと、イラストの完成度の高さに「すごすぎる!」と驚きの声もたくさんあがっている。

――魚など生き物のイラストで「文字」を作ろうと思った理由を教えてください。
【担当者】「近づくともっと好きになる」という京都水族館のコンセプトに基づき、生き物を身近に感じていただけるようなデザインであることを目指し、魚や生き物の文字を使用しました。

――水族館名や企画名などさまざまな選択肢もあったかと思いますが、「変態予告」という文言が目を惹きます。
【担当者】京都水族館がこれまで大事にしてきた「水族館のある暮らしを提供する」という、本質的な想いは変わっておりません。一方で、開業から約8年間経過して、変化する時代や環境の中で、京都水族館がこれから新しい形態へ変化していく姿勢を「変態」という言葉で表現しています。

――「変態」とは、どういう意味でしょうか?
【担当者】動物が、幼生から成体になる過程で形態を変えることを表す言葉です。また、形や状態を変えるという意味も含まれています。

――「予告」とありますが、こちらは何の予告なのでしょうか?
【担当者】京都水族館のリニューアル予告です。今後の京都水族館が、まるで生き物のように次の形態へと変わっていく(=変態していく)という思いを、端的かつ強い言葉で「予告」しました。

――このポスターはどちらに設置されていますか。
【担当者】大阪の地下鉄梅田駅や、京都のJR京都駅・四条駅、京都のバス停などにあります。

――5月14日に緊急事態宣言が39県で解除されましたが、京都府は該当しませんでした。今後自粛が解除された後、営業再開に向けた動きについて教えてください。
【広報:奥村さん】生き物たちは休館中も元気に過ごしています。緊急事態宣言の解除に関しては、まだ何とも言えない状況ではありますが、水族館の再開に向けては検討しています。これから新しい形態へ変化していく姿勢をお伝えするとともに、今後の京都水族館に期待や興味を持っていただきたいと思います。