NOW ON AIR ナウオンエア
06:00~9:00メッセージフォーム
番組名
レディオ ファントム
07:21 Where the Sun Goes feat. Stevie Wonder/Redfoo
パーソナリティー
岡田眞善

2月23日(金)のメッセージテーマは【挑戦している山、いま何合目?】

今日は日付の語呂合わせで「富士山の日」。
という事で、去年もやったこのテーマでメッセージ募集します!
「仕事終わりの習い事。趣味の友達が増えたので、いま6合目。」
「期末テストの勉強中。授業中寝ていたので、いま2合目。」
「ジム通い。帰りのご褒美が止められないので、いま下山中…」
などなど、いま挑戦しているエピソード教えて下さい!

6:20〜 新聞ナナメヨミ『今朝の朝刊をななめ読み』
6:30〜 NACK5 特選市『クロスフォー ダンシングストーンペンダント』
6:50〜 ALL THE REDS『浦和レッドダイヤモンズ情報』
7:15〜 Econo Morning『経済ジャーナリスト内田裕子の経済情報』
7:30〜 Red Tag 岡田屋『街のお得情報 2月…武蔵浦和駅周辺』
7:50〜 23:30の人『終電間際の人間ドラマ』
8:05〜 週末なにする?みんなのプレミアムフライデー!『教えて!週末の予定!』
8:15〜 Morning Square『埼玉県情報』
8:25〜 Sports HERO’S『スポーツ感動ドラマ』
8:38〜 NACK5 特選市『クロスフォー ダンシングストーンペンダント』

FAX
9:00~17:55
番組名
FUNKY FRIDAY
パーソナリティー
小林克也
OPEN
小林克也

9時間生放送

9時間目『あったまわりぃ!』

イチバン「アイドル、アニソン、どこがいいの?」

オール・ジャパン・シングル・TOP20
ラブ・タイム
全英TOP10・全米TOP10・TOKYO・TOP10

あの人に贈りたい

アワフューチャー

17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

19:10~20:30
番組名
BEAT SHUFFLE
パーソナリティー
浅井博章
OPEN
浅井博章

★V-ROCK完全攻略プログラム!大宮スタジオアルシェから公開生放送★
◆『Perfect Package of Anli Pollicino』をひっさげて
【Anli Pollicino】がメンバー全員揃ってスタジオアルシェに登場☆
◆3/31 メットライフドームで開催の『NACK5 チームラン』に
浅井博章キャプテン率いる<チームBEAT SHUFFLE>が参戦!
ランナーの【Rayflower】都啓一×YUKI、【A9】のヒロトに電話インタビュー♪
◆更に<チームBEAT SHUFFLE>参加ランナー第4弾を発表!
恐らく・・・最終発表になる・・・はず!?
◆抽選で≪BEAT SHUFFLEステッカー≫をプレゼント♪

20:30~21:00
番組名
HOT69
パーソナリティー
AK-69
OPEN
AK-69

過去作品を振り返りながら紹介
メッセージ

21:00~23:00
番組名
K's TRANSMISSION
パーソナリティー
坂崎幸之助(THE ALFEE)
OPEN
坂崎幸之助(THE ALFEE)

2/23のJ-pop Schoolは

先輩がバリバリだった頃のライブ音源を聴く企画

今回は1976年発売、南こうせつさんの

『Good Vibration in 武道館』を紹介♪

24:00~26:00
番組名
Hit Hit Hit!
パーソナリティー
柴田 聡
OPEN

第259回 番組審議会 報告

第259回 番組審議会 報告

2017年 9月

FM NACK5の第259回番組審議会が、9月19日にさいたま市浦和区内で行われ、片岡直子委員長(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル代表取締役社長)、PANTA委員(ミュージシャン)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、高山文子委員(埼玉県県民生活部青少年課・総務企画担当・主幹)が出席して行われました。FM NACK5から片岡尚代表取締役専務、深川聡放送本部長、森口達治編成制作部担当部長、酒向高幸編成制作部次長の4名が出席しました。
今回は、「NACK5時ラジ」の8月21日(月)・22日(火)5時―6時放送分を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。2013年4月からスタートしました「NACK5時ラジ」は、平日のスタートを切る朝5時、その日NACK5から発信される番組、情報を一挙に紹介する1時間のプログラムです。6時からの「Good Luck! Morning!」、「レディオ ファントム」の直前情報をはじめ、番組宛メッセージやゲスト情報など当日の生ワイド番組情報、今後の特番情報、NACK5イベントの紹介などのほか、月に一度開催される番組審議会の報告をしています。委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎朝のさわやかさとは随分遠い番組だな、と思いました。お知らせについては特に問題ありませんが、きいやま商店のパートは、もう少し出演の説明がほしいところです。トーク時のBGMが気になります。おしゃべりの後ろのリズムものBGMは、ボリュームを下げるか、避けた方がいいです。BGMで番組の色が変わるで、言葉と同じレベルでBGMが進むのは、個人的にはちょっと聴きづらいです。
◎個人的に1日中聴くことは出来ないので、5時から6時でその日のプログラムを聴かされるのはどうなのかな?と思いました。高森さんは、いい声ですね。とても聴きやすいです。高森さんに比べると、きいやま商店さんの声は、何を言っているのかよく分からなかったです。片桐さんは、好みの問題ですが、BGMの事もありちょっと聴きづらい感じがしました。
◎普段聴けない時間ですが、その日の番組情報を流すのは思った以上にいいです。ただ5時という時間帯に、全国平均起床時間(平日6時37分)を考えると、誰が聴いているのだろうか?と疑問があります。例えばタクシーの運転手でしたら帰る時間でしょうし、この時間帯に聴いている方に、日中の番組宣伝をしてもあまり効かないのでは、と思います。難しい時間帯ですが、もう少しターゲットを絞り込んで遊んでしまってもいいかと思いました。番組宣伝は、聴いている方のライフスタイルに合わせて、聴き始めのそれぞれの時間帯で効果的に短めに入れられたらいいと思います。この時間帯に出来ることを模索してもいいかと思いました。
◎広報コメントをそのまま読まれると少々きつい気がします。もう少し個人的な感情を入れて読まれると、いい感じがします。これからリスナーの高齢化を考えますと、この時間帯でラジオ局への投稿方法、マニュアルをもう少し丁寧に話してもいいのでは、と思います。また番組情報だけでなく、パーソナリティーの情報、この番組を聴くとその番組の裏側が分かる内容などを毎日入れてもいいと思いました。
◎このような番組は、各番組のパーソナリティーの方からしたら、ありがたい番組と思います。ただ広報コメントに、もう少し紹介番組の生きている声が入ると、もっと紹介番組に興味が持てるかと思います。今回拝聴した中で一番びっくりしたのは、沢田研二さんが69歳になる、という事で、引っ掛かる情報があるのは心に残るのでとってもいいです。片桐さんには年配向け、高森さんは主婦向けに放送してはいかがでしょうか。全体的に安心して聴けるのは、いいのかなと思いました。

2018年2月号<手塚敦嗣>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所