NOW ON AIR ナウオンエア
13:00~16:55メッセージフォーム
番組名
GOGOMONZ
16:23 夢をあきらめないで/岡村孝子
パーソナリティー
三遊亭鬼丸高橋麻美

今年最後のハッピーウィーク!
今回のタイトルは・・・
『「ママ友・女子会にある「圧力」「偽り」「格差」報告会」
「『がさつ』『大雑把』だった『女』の話」
「『腹黒い』『モンスター』『暴君』と感じた『女』の記憶」
「蹴とばしてやりたい衝動に駆られた『夫』『彼氏』『女友達』の言動」』

月曜日のメインテーマは・・・
『人生の「奥歯噛み締め」シリーズ。
「ママ友・女子会にある「圧力」「偽り」「格差」報告会」』
その他、コーナーテーマ、スタイルフリーなメッセージも募集しています!
どこでもどっからでも自由に参加OKです。

そして、毎日抽選で10名に
鬼丸・麻美のサイン入りGOGOMONZステッカーをプレゼント。
さらに、埼玉県東松山市 森田牧場の森田さんが作った美味しい美味しいお米、
「彩のかがやき」10キロを毎日抽選で5名にプレゼントします!

ー・−・−・−・− 11日(月)メニュー ー・−・−・−・−
1時台前半、2時台前半は、メッセージを中心にご紹介します。


2時台後半は
「シュバ婆子93歳とクイズマン・セイが出題。
怒らないで答えてね!イライラさせたらごめんなさい!クイズ」


3時台前半は、「おやぢたちの小さな俺さま自慢」
『おやぢいらんかえ〜』をお届け。

「DRIVE A GOGOMONZ 素敵なクルマライフ」
月曜日のテーマは「『それ、違う』『そこ、違う』『そうじゃない!』の記憶」

3時台後半は、それほどでもない相談室」season4をお届け。


4時台は「NTT GOGOMONZ Cafe」
月曜日のテーマも、「ほれ、ほれ、どうよ!?人生負けっぷり報告会」

どちらのコーナーにもメッセージをお待ちしています。

そして、毎日どこかの時間で
GOGOMONZリスナーズaward2017各賞のノミネートを発表して行きます。お楽しみに。

FAX
16:55~17:00
番組名
NACK5 経済情報
OPEN
NACK5 経済情報

18:00~20:00
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
パーソナリティー
中山貴大小林千鶴
OPEN
中山貴大 小林千鶴

今週リリースの新譜を固め打ち
ゲストはDADARAY
スタジオアルシェから公開生放送

20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
Happyだんばら斉藤優里(乃木坂46)
OPEN
Happyだんばら 斉藤優里(乃木坂46)
番組アメーバブログ

今週は魂フェスクリスマスパーティー開催!
プラスワンに岡田サリオ
クイズ&クエスト満載の3時間
お目見えクイズ&リスナーバトルクイズの参加者募集中!
ゲストはキンタロー。踊る!
川上大輔

21:10~21:20
番組名
ベルスタッフ presents LUVandSOUL 愛魂
パーソナリティー
LUVandSOUL
OPEN
LUVandSOUL

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
矢口清治
NACK日記(番組ブログ)

12/11〜14の4日間は

映画音楽と、映画に関する洋楽をご紹介♪

23:30~24:00
番組名
前田亘輝YOU達HAPPY
パーソナリティー
前田亘輝(TUBE)
OPEN
前田亘輝(TUBE)

冬のアリーナツアー終了!▼
前田亘輝、人生初の始球式!?

24:00~25:00
番組名
NACK de ROCK
パーソナリティー
根本 要(STARDUST REVUE)窪田有美
OPEN
根本 要(STARDUST REVUE) 窪田有美

Dig The Rockのコーナー
Steve Winwoodをご紹介します。

音楽工房のコーナー
Blind Faithの「Presence Of The Lord」を弾語り

第145回 番組審議会 報告

第145回 番組審議会 報告

2006年 4月

FM NACK5の第145回番組審議会が4月20日、さいたま市大宮区のアルシェロイヤルホールで、長島猛人副委員長(埼玉県立浦和第一女子高校教諭)、片岡直子委員(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)が出席して行われました。水野博介委員長(埼玉大学教養学部教授)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部助教授)、PANTA委員(ミュージシャン)、丸浩司委員(埼玉県総務部青少年課企画・総務担当主幹)は欠席。
NACK5側から佐藤社長、田中常務、黛常務取締役総務部長、片岡編成部長、清水制作部長、吉井編成部員の6人が出席しました。   
今回はこの4月にスタートした新番組「WEEK-END Party~forever young」(土曜日24:00-4:00放送)を委員のみなさまに試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
委員のみなさまからいただいたご意見は次のとおりです。

◎曲はたくさんあり、宝庫なので、いろいろな切り口でいけると思う。
◎放送時間は、土曜の深夜より、土曜の昼間のほうがいい。
◎本多慶子はエレガントなイメージがあったので、放送を聴いて驚いた。番組の始まりは気合いの入りすぎか?
◎ゲストが過去の人ではなく、現役というのがいい。貴重な話が聴け、感心することが多かった。
◎この時代の音楽を取り上げる企画はいい。心なしか富澤一誠が「ジャパニーズ・ドリーム」より、生き生きしている。
◎番組ターゲット層に本多慶子のテンションは大丈夫か。不安がある。
◎「K'sトランスミッション」もクオリティの高い番組。同じフォーク、ニューミュージックを扱うので重なるし、連日になる。これがいいのか、悪いのかわからない。
◎「WEEK-END Party」は目線を外して、芸能よりにするとか、差別化するとリスナーが呼べるのではないか。
◎音楽音痴でも楽しく聴ける。
◎団塊世代、定年した人たちを狙った、おじさん向けの番組。
◎若い人はフォークソングを知らない。この番組をどう聴くか。
◎昔の歌でも良い物は口ずさむ。

2017年12月号<手塚敦嗣>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所