NOW ON AIR ナウオンエア
26:00~29:00メッセージフォーム
番組名
FANTASY RADIO
03:40 IDENTITY/jealkb
パーソナリティー
春日萌花

7月21日の「FANTASY RADIO」!!

メッセジーテーマは・・・

【知ってほしい言葉!】

聞いただけでクスッと笑っちゃう、癒されるようなものや、
今はマイナーだけど今後メジャーになりそうな言葉などを教えてくださいませ。

例えば・・・

肉離れのこと→
「ミートグッバイ」

間もなく天へと召されるセミのこと→
「セミファイナル」

また
何処かで聞いた
「スカートとスピーチは短い方がいいと言うが
むしろない方がいい」

などなど。

はるひーは、
最近ニュースで使われてた
「THIS IS 敗因」
に、うまいな〜と感心した次第です。

たくさんのメッセジーお待ちしています!


各レギュラーコーナーです。

↓↓   ↓↓    ↓↓

2時20分頃からは「Haruhi Haruhi Haruhi!」
日頃「コレってどうなの?」と思っていることについて
リスナーのアナタに「NACK5タッチ」を使ってリアクションしていただき、
ファンラジ的常識・定説を決定しよう!というコーナーです。
メッセジーやツイッターでご意見も募集します!


2時40分からは、
ラジオの生放送とインスタグラムの生配信を同時に行う
期間限定のスペシャルコーナー、
「ののか と はるひのMidnight Challenge!」

ご一緒してくださるのは、モデルの“のんちゃん”こと、林希乃花さん。
のんちゃんとハルヒーが、
それぞれの得意としていることを、手ほどきしてもらって
お互いチャレンジしあい、女子力(女ヂカラ?)を高めようというコーナー。
スタジオでの模様は、インスタグラムで生配信しちゃいます!

インスタグラムのライブ配信は、
スマートフォンからインスタグラムをダウンロードして、
番組アカウント「fantasyradio795」を検索すると見ることができます。
是非フォローもしてね!
インスタグラムとradikoでは、少なからずタイムラグが発生してしまう為、
そのラグも含めてお楽しみ下さい.

※しばらくの間、『ラブラブジョッキー』はお休みとなりますが、
恋のお悩みは受け付けていますので、どしどしお送りください。


3時5分からは「ファンラジ・アニメランド」
アニメ大好きなハルヒーが、おすすめの作品を紹介!
そして、こだわりのアニメソングをお送りするコーナー。
みなさんのアニメを観た感想や、アニメ情報などもご紹介します!
(アニメソングのリクエストもお待ちしています!)


3時25分頃からは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。
ただし、その答えは、「できるだけおなじみの歌のフレーズ」でお願いします。

先週発表したお題は…
「これでもう遅刻ナシ!可愛いアイドルが目覚ましに吹き込んだ言葉は?」


3時40分頃からは「真夜中の告白」
聖職者ハルヒが、リスナーから寄せられた
「良心の呵責に苛まれるような出来事」
「こっそりとカミングアウトしたいこと」を紹介して、
厳しいお仕置きや、常人では耐えられないような辱めを言い渡す
“神聖なる裁き”のコーナー!


4時台は、「魔法が解けた祭り」!
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんからの「メッセジー」や「つぶやき」とともに
お祭り騒ぎで迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・そして、祭りの時間は3分ちょうど!
・時間が来たら終了。(お気をつけください)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


さらにさらに、番組ブログ NACK日記を使った企画、
「ハルヒーのさいたま横断ファンタジークイズ」

番組スタートと同時に、埼玉県のある都市(市や町)を連想させる画像、
たとえば…
その都市を妄想させるポーズ、名物や名産品のモノマネ、ハルヒーのイラスト
はたまた実際にその場所に出掛けて撮った写真など…を
番組ブログ「NACK日記」にアップしていきますので、
埼玉県のどこの都市を表現しているかを当ててください。
正解者には、抽選で3名の方に「サイン入りNACK5スッテカー」をプレゼント!
正解・当選者の発表は、午前4時15分頃です。


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

FAX
5:00~8:00
番組名
Startup Saturday
パーソナリティー
池田香織
OPEN
池田香織
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

聞いたその日にお出かけできる耳寄りな情報満載
番組ツイッターでステッカー当たるクイズを展開中

YOSHIKI、壮絶シャウトに苦悶「芯から痛い」 遺書を記した胸中も明かす

YOSHIKI、壮絶シャウトに苦悶「芯から痛い」 遺書を記した胸中も明かす

横浜アリーナ4夜連続公演をスタートさせたX JAPAN  ロックバンド・X JAPANが14日、横浜アリーナで『X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle~奇跡の夜~6DAYS』の3公演目を開催し、3時間10分にわたって熱演した。5月16日に米ロサンゼルスの病院で頚椎(けいつい)人工椎間板置換の緊急手術を受けたYOSHIKIにとって、無謀とも言える横浜4夜連続公演の初日。渾身の演奏と向こう見ずな壮絶シャウトの連発で「首が痛いよ。芯から痛い、芯から」と苦悶しファンを心配させたが、「Xという言葉は無限の可能性なんだ。いろいろあったけどまだまだ負けねーぞ!」と自身と観客を奮い立たせた。

【ライブ写真】渾身の演奏にファンもペンライトでXを作って応援

 ライブ冒頭「Forever Love」を演奏し、客席から「よっちゃん、お帰り!」の声が飛ぶと、YOSHIKIは「ありがとう、ただいま」とあいさつ。「本来であればここにドラムセットがあるはずだったんだけど…」と涙をこらえると、「今回はToshlの美声を聴いていただいて。1曲目から感動しちゃうんだよね。40年…もっと一緒にいるけど、いい声してるね」とToshlのボーカルを絶賛した。

 「アコースティックだからって生ぬるいコンサートをするつもりはない」との宣言どおり、日々アレンジを変え、ブラッシュアップしているという妥協のない演奏が続く一方で、空気を緩和する幼稚園の頃からの幼なじみ2人の“すみれ組トーク”はこの日も舌好調。中盤でToshlが着用していた派手なジャケットを「ギンギラギンにさりげなく?」といじったYOSHIKIは、アンコールでおもむろに譜面を広げると、近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」を弾き始め、会場は大盛り上がり。無茶ぶりされたToshlは「ちょっと待って! 譜面用意したの?」と大慌てしながらも、ファンの手拍子に合わせてサビを歌い、Toshl節を響かせた。

 サービス精神旺盛なYOSHIKIは「他に何聴きたい?」とリクエストを募り始め「(コンサートタイトルの)『奇跡の夜』が『いじめの夜』になってきたよ」と悪ノリ。Toshlが「いじめられるの嫌いじゃないよ。嫌いだったらYOSHIKIと46年も付き合えないしね」とやり返すと、「10年くらいブランクがなかった? “なんとか星”に行ってなかった? “洗脳星”みたいな」(YOSHIKI)、「なんかありそうだね…って、コラッ!」(Toshl)と洗脳騒動を遠慮なくネタ化。漫才のようなトークでじゃれあい、会場は爆笑の渦に包まれた。

 また、中学時代に組んでいたバンドの話を始めたYOSHIKIは、当時Toshlがボーカルではなくギター担当だったことを振り返り「中学が(生徒増加で)分裂しちゃって、ボーカルがいなくなっちゃったから、全員歌ってみて、俺も歌ったんだけど、あんまりピンとこなかったんだよね」と回顧。Toshlは「まあ、そうだね」と同意しつつ「YOSHIKIの歌、聴きたいよね?」と観客をあおると、YOSHIKIは「白鳥は死ぬ前に一度だけ歌うんだよ」と苦笑いで歓声を制した。

 続けて「Toshlが歌ってみたら、まあまあ歌えるんじゃない? ってなって。それがまさか、日本を代表するボーカリストになるとは」としみじみ。さんざん昔話と地元トークをしたうえで“設定”を思い出し、「俺たち同級生だけど、俺の出身地Xだから! 歳もXだから!」とエクスキューズを入れつつも「でも、Toshlと同い年なの。俺のほうが40日間年下」と補足して笑わせた。

 YOSHIKIがこうした昔話をしたのには理由があったという。「手術前に遺書を書かされるんですね。2回目の手術なんで、2回書いたんですけど。そのときいろんなことを考えて、思い出って一番大事だなって思い始めた。きょうはこの5人だけだけど、気持ちの中ではTAIJIもHIDEもいると思ってる」と明かし、ファンは胸を詰まらせながら大声援を送っていた。

 日本公演は17日まで同所で行われる。

YOSHIKI、壮絶シャウトに苦悶「芯から痛い」 遺書を記した胸中も明かす

関連リンク

2017年7月号<手塚敦嗣>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所