毎回ゲストを迎えて、ゲストの大好きな音楽を一緒に聴きながら、
その楽曲にまつわるいろいろなエピソードを楽しく、
そして賑やかに展開していく「ハッピートーク」。

今夜のゲストは、元宝塚・雪組のトップスター、早霧せいな さん


<日常のささやか幸せ>
 ⇒ 外食に行って、自分好みの使いやすいお箸と飲み口の良い
   グラスに出会うと幸せ。
   食べる前からお料理は間違いなく美味しい!と思える。


早霧せいな さんが持ってきてくれた曲・・・
「わたがし/back number」
~夏祭りの思い出が蘇る歌詞と切ないメロディが
 印象的な甘酸っぱいラブソングです。
  ♪わたがしを口でとかす君は
   わたがしになりたい僕に言う
   楽しいねって♪
 ちょっと変態ちっくなこの部分の歌詞が特に気に入ってます

  *この話題でかなり盛り上がりましたが
   皆さんのご意見はいかがでしたでしょう?


早霧せいな さんと一緒にご紹介したMusic To Be Happy
ラジオネーム【BBちゃん】さん

「Squall/松本英子」
~胸キュンソングなんですが、私は恋をすると、感情移入と共に頭の中で
 松本英子さんのSquallがエンドレスに流れ始めます。
 ♪私、恋をしている~ ♪恋に落ちてる~ ♪探してた~アナタだけ~
 って…。(≧∀≦)
 松本英子さんのSquall お願い致します。

  *早霧せいな、この曲を聴いて勉強になったでしょうか?


続いても早霧せいな さんと一緒にご紹介したMusic To Be Happy
ラジオネーム【パンダパン】さん 

~夏になると思い出す胸キュンと言うか、ほろ苦い思い出なんですが
 10年くらい前、僕には友達以上、彼女未満の女の子がいました。
 ほぼ夏の間だけの付き合いでした。
 二人で神津島に旅行に行ったりもしました。
 ただ何故、僕はその子と旅行してるんだろうって思いながらではありました。
 当時、他に彼女がいるわけでもなく、旅は好きなので、
 まっいっか~的な感じだったと思います。
 でもその彼女は、僕と付き合ってると思ってたと思います。
 そんな夏が終わると同時に、連絡が来ても、
 忙しいフリなどして会わないようにし、
 フェードアウトしていきました。別れの言葉も言ってません。
 何だか悔いが残る夏でした

  *何だかヒドイ話に思いますが
   これも若さなんでしょうか?

パンダパンさんにリクエストが無かったので
早霧せいな さんにお持ちいただいた曲

「Pretender/Official髭男dism」
~カラオケボックスに行った時に画面にたまたま流れていて知りました。
 最初は変なバンド名と思った。
 恋の終わりを綴った切ない曲で、ピアノボーカルの藤原さんの声が好き!
 キャッチーなメロディーと韻を踏んでいる歌詞がとても耳障りがいいです。

  *ノリに乗ってるヒゲダンですね
   10月にはメジャーファーストアルバムも!
   お招きしたいバンドですね


最後にお送りした曲も早霧せいな さんにお持ちいただいた
「Senorita/Shawn Mendes & Camila Cabello」
~デュエット曲ってだけで、単純に切ない気がします。 
 2人の掛け合いがとにかく色っぽくて好き!
 「男の女のラブゲーム」以来 好きなデュエット曲です。



<告知事項>
  ⇒ 本を出版されます!「夢のつかみ方、挑戦し続ける力」
    河出書房新社より、昨日、発売されました
     概要:タカラジェンヌになりたい!14歳で宝塚歌劇団を目指し、
        苦手な歌や組替えなど様々な困難を乗り越え、
        トップスターに就任した早霧せいなが贈る、
        夢の見つけ方、そして、あきらめない心。

    この本の発売記念イベントがあさって8月25日に
    池袋でおこなわれますが
    残念!予約がいっぱいだそうです。
    (またの機会に、という事で)


早霧せいな さんの情報は・・・(以下 ↓ )

早霧せいなオフィシャルインスタグラム