毎回ゲストを迎えて、ゲストの大好きな音楽を一緒に聴きながら、
その楽曲にまつわるいろいろなエピソードを楽しく、
そして賑やかに展開していく「ハッピートーク」。

今夜のゲストは、NACK5ファミリーでもある古坂大魔王さん

 *トムさんとも古い付き合いの方

<日常のささやか幸せ>
 ⇒ 大好きで集めてるプロレスのマスクをお風呂入る前に裸になって被って、
   じーっと鏡を見たり写メを撮るのが最高に楽しい。


古坂大魔王さんが持ってきてくれた3曲・・・
まず1曲目は「初音ミクの消失/cosMo@暴走P」
~アニソン、ニコニコ、ネット音楽の始まりを感じた。
 人間には歌えない初音ミクの歌。
 この衝撃により、みんなに聞いてもらえるマスの音より、
 自分の作りたい歌を作れば良い!と確信した一曲!

  *確かに当時、大変なインパクトでしたね~


続いて2曲目は「Voodoo People/THE PRODIGY」
~高校の頃から欲しい音楽が無くなって、サンプリングごっこして作って
遊んでて…東京に来て渋谷のタワレコで視聴して衝撃を受けて、
 音楽もやりたい!って思った僕にとって一番好きなアーティストの一曲。
 いつでもぶち上がれる!

  *この曲にもあの「PPAP」のルーツの一端がある
   って言うのも面白いですね


そして3曲目は「WWE The Future (Asuka)/CFO $」
~今、アメリカのプロレス団体WWEで年に一度の祭典でメインになる程
 ブレイクしてる日本人女子レスラーAsukaの入場曲。
 その登場だけで1万円払える!
 世界に行く前に勇気が出る一曲!音の重ね方もすげー!

  *プロレスファンぶりの表れた選曲です
   でもどこかに影響されるポイントもあるんでしょうね


古坂大魔王プロデュースの「ピコ太郎」が、今日からデジタル世界配信を
スタートした作品が「I have a PPAP」。全31曲を収録のアルバム。
こちらから1曲・・・
「Can you see? I‘m SUSHI/ピコ太郎」

そして最後にお送りしたのはやはり・・・
「PPAP/ピコ太郎」


古坂大魔王さんの情報は・・・(以下 ↓ )

古坂大魔王オフィシャルサイト